バレンタインにフォンダンショコラ☆ラッピングする際のコツは?

フォンダンショコラ
バレンタインには色々なチョコ菓子を作って友人や彼に贈りたいものですよね。
そんな中でも、比較的人気の高いお菓子の1つが、フォンダンショコラです。
一見普通の焼き菓子なのに、中からとろっとチョコが溢れる感じは、たまりませんよね!

ただ、このフォンダンショコラを贈る際には、どうラッピングすれば良いのか分からず悩むという方が少なくありません。
そこで、バレンタインにぴったりなラッピングのコツを紹介します。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

バレンタインのフォンダンショコラ☆ラッピングのコツ


フォンダンショコラのラッピングのコツとしては、まずは作る際のカップにこだわることです。
気軽に渡せるプレゼントにするなら、マフィン型などで作るのが正解でしょう。
マフィン型のデザインにこだわり、オシャレなものを選んでおけば、ラッピングも映えます。

また、作る際にできるだけ生地をマフィン型に付けないことも1つのコツですね。
入れ物がそのままラッピングになるわけですから、できるだけキレイに仕上がるように気を付けましょう。
こうして作ったフォンダンショコラは、そのままセロファンで包むだけでも素敵なラッピングに仕上がります。
リボンをかけたり、可愛らしいマスキングテープを使ってアレンジしてみましょう。

ラッピングに使用するアイテムは100円ショップでも十分に揃いますので、気軽に購入して、可愛くアレンジしてみると良いですね。
もちろん素敵なマフィン型も、100円ショップで手に入れることができます。

バレンタインのフォンダンショコラ☆たくさんをラッピング


バレンタインのフォンダンショコラは、できるだけ形を崩さずに贈りたいものですよね。
ですがクッキーのように、何枚も入れても形が崩れにくいものではありません。
きちんと上下が正しい状態で、つぶれないようにキレイに保たなければなりません。

そこで、ラッピングの際、2つを包む場合にはパウンド型を利用してみましょう。
パウンド型にフォンダンショコラを2つ並べてから、セロファンなどで包むというわけです。
パウンド型によって動かないように保たれますし、パウンド型自体もオシャレなデザインが多いので、ラッピングが生えますね。
使い捨てのものが100円ショップなどで手に入るので、活用してみてください。

また、固定するために牛乳パックなどを切って使ってもかまいません。
ただし、牛乳パックを使用する際には、包装紙などで表面をデコするなど、牛乳パックに見えない工夫を行いましょう。

それから、たくさんのフォンダンショコラを作って会社で配る、といった時には、1つ1つを包装しておきます。
その状態で、カゴなどに入れて会社に持参すれば、一気にオシャレな雰囲気になりますね。
カゴは、お菓子を出す際などに使用するようなものを使ってみてください。
バレンタインに配るのに使用した後でも、家庭でも何かと重宝します。

こちらも100円ショップで購入が可能です。
バレンタインのフォンダンショコラを格上げしてくれるラッピンググッズなどは、ほとんどが100円ショップで手に入る気軽なものばかりですね。

バレンタインのフォンダンショコラ☆箱に入れても!


バレンタインのフォンダンショコラは、「開けてびっくり!」という見えないラッピングをするのも1つの方法です。
セロファンなどで包む方法に限らず、箱などを利用して仕上げてみても素敵ですね。
小さな箱を用意して、薄くてオシャレな紙をくしゃくしゃっと敷き、フォンダンショコラを入れる。
たったこれだけで素敵なラッピングになります。

あとはフタをして、リボンをかければ良いだけです。
中には、メッセージを添えても素敵ですね。
メッセージカードに、温め方など、フォンダンショコラのおいしい食べ方を書いて添えておきます。

フォンダンショコラは美味しいけれど、温めてこそトロッとした味わいが伝わる食べ物。
だから、食べ方は非常に重要なのですが、普通に渡してもそこが伝わりにくいのがもどかしいところです。
そこで、手作りのメッセージカードで温め方や美味しい食べ方が添えられていれば、大満足間違いなしですよね。

もちろん、メッセージカードには、他にも自分の素直な気持ちを書いて添えてもOKです。
箱に入れたメッセージなら、他の人に見られる心配もないから安心ですね!

まとめ


バレンタインにフォンダンショコラを贈る際には、ちょっとしたラッピングの工夫で一気に見た目や雰囲気が変わります。
どれも100円ショップで気軽に揃えられるラッピンググッズばかりなので、ぜひこだわって仕上げてみたいですね。
意外と簡単に雰囲気を出せるので、バレンタインにはピッタリなお菓子だと言えそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする