成人式のコートは必要?男性のスーツに合せるならどんなもの?

成人式 男性成人式という晴れの舞台では、どんな服装をしていこうかとても悩まされてしまうものですよね。特に男性の場合はスーツや袴で式に出る方が大半です。

そんなスーツの場合、寒さの厳しい1月の式典ですから、コートは必要かどうか、という点にも悩まされることでしょう。そこで、成人式に着ていくコートの必要性や選び方について調べてみました。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

成人式のコートは状況に合わせて!


各市区町村によっても違ってきますが、多くの場合、成人式というのは室内で行われる式典です。そのため、特にコートを着ていかなくても、暖房の効いた暖かい室内なら問題なく、過ごすことができるでしょう。

コートを着ていくとかえって邪魔になり、「必要無かったな・・・」なんて感じてしまうかもしれません。

ですが、外に出て友人たちと談笑したり、しばらく時間を楽しむのであれば、やはり1月の真冬ですから、寒さはかなり厳しいと考えてください。そんな時には、コートが必要である場合もあります。

それから、成人式でコートが必要かどうかは、訪れる際に利用する交通機関や、会場までの距離にもよります。当然、遠方から外を歩いてはるばる訪れるという場合には寒さに耐えるため、コートが必要になってきますね。車で会場まで訪れるなら、そう寒いことも無いでしょう。

また、成人式の後に同窓会などが控えているということもあります。この場合にも、同窓会を行う店まで訪れるのに、コート無しでは寒さが辛いという場合もあります。

いったん帰宅してコートを着込んで行っても良いですし、そのまま直接、同窓会や二次会の会場に行く場合には、コートを着て行った方が良いかもしれません。基本的に決まりは無いので、自分で考えて、要ると思ったら着ていくようにすると良いでしょう。

成人式のコート☆どんなものが良い?


成人式にコートを着用していく場合には、どういったものが良いのか、というのも悩まされるところですね。

これはやはり、カジュアルなものは避け、スーツに合うものを選ぶことが重要だと言えます。例えばスーツを専門に取り扱うお店に行き、スーツの色やデザインに合わせてコートも選んでもらうと重宝しますね。

このようにして購入したコートは、成人式の時だけでなく、その後、社会人としてスーツを着る際にも活用できますので、無駄にはならないでしょう。

また、他に必要な場面がイメージできないのなら、私服とも合わせられそうなデザインのコートを選んでおくというのも1つの方法です。ロングコートなどは合わせにくいので、爽やかな印象のショートのコートなどを持っておくと使いまわしがきくでしょう。

それから、成人式のコート選びのコツとしては、サラッとオシャレに羽織れるチェスターコートなどのデザインがオススメです。スーツのカラーに合わせて選ぶというのも1つの方法ですね。グレーや黒を選んでおけば、合わせやすいでしょう。

成人式のコートを着ていかない場合


成人式のコートが必要かどうかというのは、考え方も人それぞれですし、地域の気候によっても違いがあるようです。例えば寒い地域ではコート着用率が非常に高いようですね。周囲の友人に訊いて、合わせることも大切だと言えます。

ですが、もしコートを誰も着ていかないということになった場合、寒さに耐えられるかどうかという不安が生じてきますよね。そんな時には、コート以外で防寒対策をしておきましょう。その方法というのは、外から羽織るのではなく、内側に着込むという方法です。

例えば今は、保温性に優れた肌着が多数販売されていますよね。そういったものを着込んでからスーツを着用すれば、外観では分からずに防寒対策をしっかり行えるでしょう。ただし、肌着が外側から見えないように細心の注意を払ったコーディネートをしておきましょう。

また、足元も冷えやすので、冷えない対策をした靴下などを履いておくのも1つの方法です。ですが、座敷に上がる際など靴下が見えてしまうこともあるので、やはりデザインは気を抜かないようにしましょう。

まとめ


成人式の際にコートが必要かどうかは、考え方は人それぞれだと言えます。特に厳格なマナーや決まりがあるということではないので、自分でその日の気温や過ごし方から判断しておくと良いですね。

どうしても不安な場合には、周囲の友人と相談するのがベストな方法と言えるでしょう。1人だけ着ていた、あるいは着ていなかったということで恥じをかかないようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする