保湿美容液の選び方と使い方☆正しく活用するならどうすれば良い?

保湿美容液
秋冬には空気がひどく乾燥するため、お肌の乾燥が気になり始める方も少なくありません。そんな状況と戦うために活躍してくれるのが、保湿美容液ですが、これの選び方や使い方というのはなかなか、難しいものですよね。

こういった効果的な化粧品は、正しく活用しないと、かえってお肌に負担をかけてしまうということもあります。そこで、保湿美容液の正しい選び方と使い方について紹介していきます。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

保湿美容液の上手な選び方


保湿美容液、と一口に言っても、様々なメーカーから様々な商品が発売されています。そんな中から、お肌にとって理想的なのはどれなのか、選び方が難しいと感じている方もいらっしゃるでしょう。

そこで、保湿美容液の選び方で気を付けるポイントをチェックしてみましょう。

まず、美容液にも色々な種類がありますが、とにかく「保湿」というポイントに絞って選んでいくことが大切です。

そこで、保湿効果の高い成分が配合されているかどうか、という点を重視した選び方をしてください。

保湿において重要なのは、セラミドです。セラミドは人の肌の潤いを保つ成分の、約80%を占めています。

これが不足すると乾燥してしまいますので、こちらをしっかり補給できる保湿美容液を選びましょう。

セラミドにはいくつかの種類がありますが、浸透のしやすさとコスパの良さで言えば、ヒト型セラミドというものが配合されているコスメがオススメです。

ヒト型セラミドは人の肌が本来持つセラミドと同じ構造をしているので、効率よく保湿ケアができます。

他にも保湿成分と言われるものは多数あり、ヒアルロン酸やライスパワーエキスなども有効と言われていますね。こういった潤い補充に効果をもたらす成分に、とことん注目していきましょう。

それから、使用感も選び方のポイントです。

乾燥がひどい方の場合、ややとろみがあるテクスチャーのものが使いやすいでしょう。浸透力が高いものだと、塗布したらすぐにベタベタ感が無くなり、肌の表面はサラッと、内側はしっとりふっくらと仕上がります。そんな使用感の保湿美容液が理想的ですね。

保湿美容液の使い方のポイント


選び方にこだわった保湿美容液を手に入れたら、次に重要なのが使い方です。どんなに優秀な保湿美容液でも、使い方を間違えば効果も半減してしまいます。

まず、保湿美容液を使用する順番ですが、これは基本的に化粧水の後となっています。化粧水でお肌を整えた後に保湿美容液を使用し、その後、油分を含む乳液、クリームといったアイテムでフタをすることにより、成分をお肌に閉じ込めます。

ただし、この使う順番に関しては保湿美容液により違いがあります。中にはブースタータイプというものがあり、化粧水の前に使用することで、化粧水の浸透力を高める効果を発揮するアイテムもあります。

基礎化粧品は使用する順番によって効果が大きく左右されます。しっかりと使用方法を確認して、効率よく活用できる方法で使っていきましょう。

保湿美容液の使い方の注意点


美肌効果の高い保湿美容液ではありますが、使い方には注意すべき点もあります。

まず、保湿美容液の使用量ですが、これは多ければ多いほど良いというわけではありません。適量を守って使っていきましょう。

お肌には本来、潤いを保つためのチカラが備わっています。あまり大量に使ってしまうと、このバランスが乱れ、肌力を損なってしまうことになります。

保湿美容液は少量でもしっかり潤う力を発揮してくれます。美容液に頼らなくても潤った状態を維持できるお肌を目指し、少量を丁寧に馴染ませるという使い方を実践してください。

それから、馴染ませる際に注意したいのが、こすらないという点です。化粧品を使用する際の基本ですが、ゴシゴシこすりながら塗布すると肌に傷をつけてしまい、ますます乾燥がひどくなります。

そっと押さえるようにして馴染ませていくのがコツですね。特に目元や口元は乾燥しやすい上にデリケートな部分ですので、優しく丁寧にトントンと馴染ませていきましょう。

まとめ


保湿美容液は選び方や使い方に気を付けて活用していくことで、お肌の状態を大きく変えてくれます。

潤いは美肌の要です。優秀なアイテムを厳選し、正しく活用していくことで、秋冬の過酷な季節も美肌を保って乗り切ってしまいましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする