チョコフォンデュ☆簡単にできる作り方は?家庭でもできるの?

チョコフォンデュ
オシャレなレストランのバイキングなどを利用すると、必ずと言って良いほどある「チョコフォンデュ」。チョコレートが滝のように流れ出る様は、かなりの見ものですよね。これを自宅で再現して、女子会を楽しみたいと考える方も多いのではないでしょうか?

ですが、チョコフォンデュというと、とても難しそうなイメージがあるものです。そこで、簡単にできる作り方について調べてみました。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

チョコフォンデュ☆とっても簡単な作り方


チョコフォンデュは、とっても簡単な作り方で作ることができます。材料として用意しなければならないのは、基本的にチョコと牛乳だけです。これなら、近所のスーパーで数百円で入手できるでしょう。

あとは、お好みのチョコを絡めたい具材を用意すればOKです。フルーツやマシュマロなど、好きな具材で楽しんでみてください。

具体的な作り方ですが、まず板チョコを100g用意し、これに対して牛乳を60㏄用意します。この分量で4~6人程度で楽しむことができます。板チョコは細かく刻み、小鍋で温めた牛乳に加えて、弱火にかけながら混ぜて溶かします。チョコにツヤが出てくれば完成です。

これなら自宅でも気軽に簡単に作ることができますね。作り方のポイントとしては、チョコレートを選ぶことです。

色々なメーカーの板チョコを使用したり、時にはホワイトチョコを使用したりしながらお好みの味を探してみると良いでしょう。

チョコフォンデュ☆レンジで簡単に!


チョコフォンデュは、鍋で作る作り方も簡単で魅力的ですが、より気軽に作る方法もあります。まず、板チョコと牛乳を用意して、刻んだ板チョコを耐熱ボウルに加えます。ここに牛乳も加え、500wのレンジで1分チンして、よく混ぜて溶かします。

溶け切っていない場合は、様子を見ながら少しずつ加熱時間を追加していきます。こうして完全に溶け切ったら、あとはお好みの具材を絡めていただきます。

耐熱ボウルでも、透明ボウルなら、そのまま絡めてしまっても良いですね。オシャレなボウルを使用して、チンしてそのまま食べることができれば、洗い物を減らせるので後片付けも簡単です。作り方も後片付けも簡単なら、おやつに頻繁に活用したくなりますね。

容器と言えば、チョコフォンデュには専用の道具がありますが、わざわざ揃えるのも大変です。そこで、マグカップなどで1人用のチョコフォンデュを作る、なんて方法を用いても良いですね。

マグカップに少量のチョコと牛乳を入れて様子を見ながらチンするだけ、という作り方なので、本当に簡単です。

オシャレなマグカップを用いれば、まるでカフェのように、ステキな1人用のチョコフォンデュに仕上がります。

チョコフォンデュ☆何をつける?


チョコフォンデュの作り方は、要は牛乳にチョコを溶かして固まりにくくすればよい、ということになります。これはとても簡単ですね。

ですが、もう1つ気になる点があります。それは、何を具材にすれば良いのか、というところです。

よく用いられるのは、いちご、バナナといった果物類ですね。これらはほぼ、何を使用してもOKと言えるでしょう。様々な果物を用いて楽しんでみましょう。

それからマシュマロの定番中の定番です。プチシューなどを絡めてみても良いですね。あとはバウムクーヘンやプリッツなど、市販の気軽なおやつを絡めて、一味違った感覚を楽しんでください。

意外な美味しさを発見できるかもしれないので、他にも家庭にある市販おやつや果物をどんどん絡めて楽しんでみると良いですね。あとは、ナッツ類などを加えてみても良いでしょう。例えばクルミやピーナッツ、アーモンドなどです。これらは堅くて刺すのが難しいので、箸でつまんで絡めてみても良いでしょう。

ナッツ入りのチョコが販売されているくらいですから、これらの相性が良いのは確実です。簡単に高級感のある美味しいチョコに仕上がるかもしれません。

まとめ


チョコフォンデュは作り方が驚くほど簡単なので、これなら女子会の際にも気軽に活用できそうですね。具材を色々用意して、チョコと好相性なものを発見してみましょう!

専用の道具が無くても、オシャレな容器にチョコを入れて、それを絡めるだけでも十分楽しめそうですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする