チーズフォンデュの具材☆意外な美味しさを実感出来るものと言えば?

チーズフォンデュ
冬になると無性に食べたくなる、オシャレで美味しいお料理と言えばチーズフォンデュですね。色々な具材にチーズを絡めて食べるのは、ワイワイと楽しいひと時になります。

そんなチーズフォンデュをする際には、具材に何を使用すれば良いのか迷ってしまう方もいるかもしれません。いつも同じようなものを使っているから飽きてきた、という方もいるでしょう。

そこで、意外性があって楽しみが広がる、美味しいものを紹介していきます。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

チーズフォンデュの具材☆意外なトマト!


チーズフォンデュの具材の中で、特に意外性が高く、しかも美味しいと好評なのがトマトです。トマトとチーズというのは、イメージすると相性が良いというのも理解できますよね。

それに、トマトは加熱することで甘味を増します。そんな素材のおいしさもマッチするから、意外と人気の具材となっているのです。

方法は、ただプチトマトを用意するだけ。何も下準備は必要ありません。大きなトマトだと、中身が出てきてしまい、チーズフォンデュには不向きです。プチトマトを刺して、軽くチーズを絡めていただいてみましょう。

トマトは栄養価も高く、野菜としてもぜひ取り入れたいものの1つですよね。チーズフォンデュはどうしてもパンやウインナーなどに偏ってしまいがちなので、野菜を摂りやすいように、こういった変わり種を入れることも大切ですね。

チーズフォンデュの具材☆餅も!


チーズフォンデュの具材として、もう1つオススメなのが餅です。これはかなり意外性を感じることができる具材でしょう。チーズフォンデュパーティーの際などに出しておくと、きっと喜ばれますね!

ただし、硬い餅だと刺しにくく、柔らかすぎても取扱いが難しいので、個包装の持ちを購入し、適度な硬さのものを使用しましょう。

加熱したほうが美味しいという場合には、薄あげの中に餅を入れて加熱し、柔らかくしたもので実践しても良いですね。あげに入れた場合は、刺さずに箸などでつまんでチーズを絡めると良いでしょう。

こうすれば、汚れも付着しにくく、より食べやすく美味しくいただくことができます。薄あげとチーズというのも、一見合わなさそうに感じられますが、食べてみると意外と好相性と感じられたりするものです。

チーズとお餅というのは、鉄板とも言える相性抜群の組み合わせですね!やや高カロリーになるので食べ過ぎは禁物ですが、病みつきになってしまう人続出です。

もし、お正月などで余った餅があり、どう食べようか悩んでいるような時には、チーズフォンデュにすればまた違った趣向で、ぱくぱく食べられてしまうかもしれませんね!

チーズフォンデュ☆意外な具材がたくさん!


他にもチーズフォンデュには、意外な具材が多数あります。例えば半分加工した食材を加えてしまうという人もいます。

たこ焼きやシュウマイ、餃子といったものですね。機能の残り物を加えても良いですし、市販のお惣菜などを利用してみても良いでしょう。いつものお料理が、また違った味わいで楽しめるという点が嬉しい点です。

また、ヘルシー思考な方におすすめなのが、しっかり水切りされた木綿豆腐です。豆腐ならカロリー控えめなので、ついつい食べ過ぎてしまいがちなチーズフォンデュでも、安心して楽しむことができるでしょう。

それから、チキンラーメンを具材にしてしまうという強者もいます。チキンラーメンを茹でず、硬い状態で一口サイズに割る方法です。

チキンラーメンの風味とチーズの風味が絶妙にマッチし、しかも食感もスナック菓子のようで、クセになります。

さらには、甘い食べ物を具材にする意外な方法もあります。スポンジケーキやマシュマロなど、まるでチョコレートフォンデュに使用するようなものを利用するのです。果物なども良いですね。

つまりは、チーズフォンデュは基本的にチーズなので、何を合わせても意外と合ってしまうということですね。色々なもので試して、美味しさを新発見してみましょう!洋風の闇鍋、といったところですね。

まとめ


チーズフォンデュには、加えてみると意外と美味しい具材が多数あることが分かりました。定番のフランスパンやウインナー、じゃがいもなどの具材に加えて、「こんなのもいけるの?」と言ってしまいそうなものを加えてみると良いでしょう。話題が豊かになり、食卓が賑やかで楽しいものになりそうですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする