ブリの洋風なレシピ☆いつものメニューを変えるのに役立つのは?

ぶり 洋風レシピ
脂がのった美味しいブリですが、照り焼きやブリ大根など、どうしても和風のメニューに偏ってしまいがちですよね。

比較的入手しやすい価格帯のお魚でもあるので、できることなら食卓に出す機会を増やしたいのに、レパートリーが少なくて困っている方もいらっしゃるでしょう。そこで、この魚を洋風のレシピにしてみる、というのはどうでしょうか?

洋風にしても意外と美味しくいただけてしまうレシピを集めてみましたので、ぜひ試してみてください。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブリの洋風レシピ☆トマトを合わせて!


ブリの洋風レシピの中で、特に好相性で失敗が少ないのが、トマトを合わせたものです。ブリとトマト、というのはピンと来ないかもしれませんが、とっても美味しく仕上がります。

ソテーしたブリにトマトをコンソメと煮込んで作ったソースをかけるだけでも美味しいのですが、ちょっと洋風に勇気が要る、という方は、やや和風のテイストを入れることで抵抗を無くしてしまいましょう。

●材料(2人分)
・ブリの切り身・・・2切れ
・トマト・・・小1個
・味噌・・・大さじ1/2
・みりん・・・大さじ1/2
・醤油・・・小さじ1/2
・粒状コンソメ・・・小さじ1/3
・ニンニク・・・1/2片
・塩コショウ・・・少々
・オリーブオイル・・・少々


●作り方
オリーブオイルを熱したフライパンで、ニンニクの薄切りを炒めます。
香りが立ったら、塩コショウしたブリを加えて火が通るまでしっかり焼きます。
ブリを取り出して、同じフライパンで賽の目切りにしたトマトを加えて炒めます。
味噌、みりん、醤油、顆粒コンソメを加えて、塩コショウで味を調え、トマトソースにします。
ブリにをかければ完成です。

フライパン1つでできるので、とってもお手軽ですね!味噌や醤油を加えた和風のトマトソースなので、ブリとも好相性です。

ブリの洋風レシピ☆定番レシピをアレンジ!


ブリの定番レシピと言えば、ブリ大根ですよね。大根と共に和風だしでじっくり煮込んだ、家庭の料理でもあり、料亭のお料理でもあるメニューです。

そんなこのお料理を、しっかり思い切って洋風にアレンジしてしまいましょう!

●材料(4人分)
・ブリの切り身・・・1切れ
・大根・・・1.5センチ×4
・オリーブオイル・・・大さじ2
・A.バルサミコ酢・・・大さじ2
・A.醤油・・・大さじ2
・A.蜂蜜・・・大さじ2


●作り方
ブリに塩コショウし、小麦粉を薄くまぶしておきます。
大根は十字の切れ目を入れて、レンジで2分ほど加熱しておきます。
オリーブオイルを熱したフライパンで、とを焼きます。
をお皿に盛り、同じフライパンにAを煮詰めます。
ブリと大根にソースをかければ出来上がりです。

煮込んだブリ大根とは少々イメージが違いますが、材料と調理法を少し変えて洋風にするだけで、驚くほどオシャレなお料理になってしまうのですね。盛り付けにもこだわり、ブリと大根の素敵な組み合わせを、また違った調理法で楽しみましょう!

ブリの洋風レシピ☆シンプルムニエルで!


ブリの洋風レシピとなると、とっても凝った難しいものをイメージしてしまいますよね。ですが、意外とシンプルな調理法でも美味しいお料理はできます。シンプルな方が美味しく仕上がる場合もあるので、まずは簡単なものからチャレンジしてみましょう。

そこでオススメなのが、ブリのムニエルです。ムニエルと言えば鮭やタラなどで作るレシピが多いですが、ブリで作っても美味しく仕上がります。材料も少なく、特別な物を購入してくる必要もありません。これならチャレンジしやすいですね。

●材料(2人分)
・ブリの切り身・・・2切れ
・塩コショウ・・・少々
・薄力粉・・・少々
・バター・・・大さじ1


●作り方
ブリには塩コショウをまぶし、薄力粉も薄くまぶしておきます。
フライパンに薄く油を熱して、ブリを焼いていきます。
この時、オリーブオイルを用いるとより美味しく仕上がります。
表面が焼けたら皮目の部分もフライパンに当てて、パリッと焼きます。
中まで火が通ったら弱火でバターを加え、じっくり行きわたるようにムニエルすれば出来上がりです。

カロリーは高めですが、時々食べたくなる素敵なレシピですね!

まとめ


ブリは意外と洋風レシピにも大活躍してくれる、便利なお魚です。どんどんレパートリーを増やして、食卓への登場回数も増やしていきたいですね。バターやバルサミコ酢、トマトといった洋風食材と相性抜群なので、気軽に合わせて楽しみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする