白菜と大根☆副菜にできるレシピと言えばどのようなものがある?

白菜
冬野菜の中でも代表選手とも言えるものといえば、やっぱり白菜と大根ですよね。これらは冬になると、ご近所の方からたくさんいただくという方も多いでしょう。

水炊きならどちらも食べられるかもしれませんが、なかなか、お鍋ばかりが続く食卓というのも辛いですよね。

そこで、そんな白菜と大根が冷蔵庫に一杯になってしまった時に、両方一気に片付く便利な副菜のレシピを紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

白菜と大根☆副菜ならサラダに!


食卓にあと一品欲しい!という時に便利な副菜レシピの1つが、サラダです。大根サラダというのはよく聞くけれど、白菜もサラダになるのかと、疑問を抱いてしまう方もいらっしゃるでしょう。実は白菜も、サラダにしてみると意外と美味しいのです。

白菜は生食可能かどうかですが、これに関しては浅漬けなどでいただけるので、問題ないということが分かりますね。

ただ、キャベツやレタスのように切っただけの状態でサラダ、というのは少々クセがあり、また芯のあたりは硬いので、工夫は必要です。

白菜をサラダにする際には、千切りにして塩もみし、よく絞るとしんなりして美味しくいただけます。大根も同じように千切りにして塩もみして絞っておきましょう。

こうしてしんなりしたら、カニカマやハムなどお好み野食材と合わせて、ドレッシングと合わせれば立派なサラダになります。中華ドレッシングでも良いですし、和風でも相性が良いですね。また、マヨネーズで和えてみても、これが意外と美味しくいただけてしまいます。

副菜を何にしようか迷ったら、白菜や大根など冷蔵庫の余り物野菜で、こういったサラダを作ってしまいましょう!

白菜と大根☆野菜だけの八宝菜に!


副菜にするなら、できるだけ肉や魚を使用せずに、ヘルシーな節約メニューに仕上げたいですよね。そこで、八宝菜にチャレンジしてみましょう!

八宝菜というと豚肉などが入っているのが定番です。ですが、こういった食材を加えずに野菜だけで作ってみても、意外と美味しくできてしまうのです。

大根は拍子切りにして、白菜は千切りにしておきます。他にも千切りにしたニンジンやピーマンなど、冷蔵庫に余った野菜を色々用意しましょう。エノキなどキノコを加えても良いですね。特に何を加えるという決まりはないので、冷蔵庫のお掃除レシピだと考えてください。

これらの野菜を油を熱したフライパンで炒めます。しんなりしたら酒を加えて蒸し煮にする感じでさらにクタっと火を通します。後は鶏ガラスープの素と水、醤油、オイスターソースを混ぜた調味料を加えて、水溶き片栗粉でとろみをつけるだけです。

調味料は、水100に対して鶏ガラスープの素が約9g、オイスターソースが小さじ2程度です。お好みで調整してください。

野菜だけでも十分に美味しく、また栄養満点の副菜に仕上がります。白菜も大根も活かせる便利なレシピですね!

白菜と大根で煮びたしに!


白菜を使った副菜レシピの中で、定番のものの1つに、薄あげと一緒に煮込む煮びたしがあります。お出汁に醤油やみりんで味を付けて、これで煮含めるだけの簡単レシピです。薄あげからも味が出るので、美味しいですよね。

これに大根も加えて、ちょっと豪華な煮びたしにしてみるのも良いですね。白菜2枚、大根2センチ分程度を用意します。白菜は軸をそぎ切り、葉をざく切りにします。大根は2〜3mm厚さの短冊切りで良いでしょう。薄あげも大根と同じくらいの大きさに切ります。

鍋にだし汁200、醤油大さじ2、みりん大さじ1を煮立てて大根と白菜の軸を加え、柔らかくなってきたら白菜の葉と、薄あげを加えて煮込みます。大根に味が染み込むまでじっくり7〜8分煮込めば完成です!前日に作っておけば、翌日には味がしみこんで、さらに美味しくなりますよ!

まとめ


白菜も大根も、冬の身体に嬉しい成分たっぷりの優秀な野菜です。無駄なく活用するためにも、副菜レシピのレパートリーを増やしておきたいですね!副菜にも大活躍してくれるクセのない味わいの野菜なので、上手に活用していきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする