レッグウォーマー☆メンズの着こなしでおしゃれに見えるコツは?

レッグウォーマー メンズ
秋冬の足元の冷えを防いでくれるレッグウォーマー。冷え対策だけでなく、ファッションの1つとしても重宝されていますよね。

ですがどうしてもこれは女性向けのものが多くなってしまいます。では、メンズがレッグウォーマーを素敵にコーディネートするなら、どんな着こなしをすれば良いのでしょうか?そこで、そんなコツを紹介していきます。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

レッグウォーマー☆メンズはブーツに合せる!


秋冬になると、ごつごつとした印象の革製のブーツを履く男性も増えますね。そんなブーツは、レッグウォーマーを合せた着こなしにも大活躍してくれます。

方法は、ブーツの上にやんわりとレッグウォーマーをかぶせるだけ。着こなしのコツとしては、クシュっと自然にもたつかせて、ぴっちり履かないことです。

ブーツのボリュームも考えれば、この時に合わせるレッグウォーマーは、大き目サイズで伸縮性のある素材を利用するのが良いですね。

実はメンズのレッグウォーマーにも、様々なデザインが登場してきています。中にはモコモコとした素材のものやヒョウ柄のものなど、インパクトのあるものもあります。

シックでカッコいいブーツには、あえてこういった個性的な柄物を合わせてみる、というのも着こなしのポイントになりますね。

ただし、間違えてレッグウォーマーをブーツインしてしまうことのないように要注意しましょう!これは、ブーツの上にかぶせて使用してこそオシャレで素敵なアイテムです。

レッグウォーマー☆メンズならスキニーに合わせる!


女性の場合は、タイツにレッグウォーマーという着こなしがありますよね。ですがメンズでタイツというスタイルにはちょっと、抵抗がある方も多いでしょう。そこで、タイツではなく、あえて細見のスキニーに合わせてみましょう。

これはかなりほっそりとした体型の方だけがチャレンジできる着こなしではありますが、スリムなパンツスタイルにレッグウォーマーを使用すると、メリハリのある着こなしに仕上がります。足元に重心が来るので、なんとなくバランスが良くなったりするのです。

メンズでスリム過ぎる体型の方は、その体型にコンプレックスを抱いてしまいがち。そこで、そのコンプレックスを味方につけた着こなしで、レッグウォーマーという個性的なアイテムを着こなしてみてください。

色柄としては、スキニーがグレーなら黒のアイテムを持ってくるなど、同系色で合わせるのが無難です。ですが、ノルディック柄などの柄物を利用してみても、コーデの幅が広がりますし、オシャレ上級者に見えてしまうかもしれませんね!

レッグウォーマー☆レギンスと合わせた着こなし


メンズのレッグウォーマーの取り入れ方で、最も難易度が低く、簡単におしゃれに見えてしまう着こなしがあります。それは、意外にもレギンスと合わせるというものです。

男性のレギンスというと、どうしても難しそうに感じてしまいますよね。これが、レッグウォーマーを用いるだけで簡単にコーデできてしまうのです。

まず、短パンとレギンスを合せます。そして最後の仕上げに、レギンスの上にレッグウォーマーを重ねます。これだけで完了です!

重ね着はオシャレに見えるけれど、難しくてチャレンジできないというメンズが多いものです。ですが、この重ね着なら誰でも簡単にできてしまうので、チャレンジしやすいですね。

合わせ方としては、短パンにはベージュやブラウン、ネイビーなどシンプルなカラーを選びます。レギンスは黒が無難でしょう。

そして、レッグウォーマーにノルディック柄やボーダー柄などを取りいれて、ここをポイントにするのです。この着こなしは、女性からも人気が高いので、チャレンジしてみる価値がありそうですね!

まとめ


探してみると、実は意外と多いメンズ用のレッグウォーマー。女性が履いているのを見て、「温かそうで良いな〜」なんて指をくわえていた時代はもう終わりです。上手な着こなしをマスターして、男性もレッグウォーマーで温かさとオシャレを両立してしまいましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする