山芋にアレルギーはある?喉に影響してしまうケースもあるの?

122913
山芋という野菜は芋類ですし、体に優しいというイメージがありますよね。ですが、実はアレルギーで悩まされる方も少なくないようです。よく取扱う際に手が痒くなるなんて症状がありますが、これはアレルギーなのでしょうか?

また、中にはこれを食したことで喉に違和感を感じる方もいると言われています。これも、山芋の影響なのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

山芋アレルギーの症状とは?


料理をする際にどうしても、手が痒くなってしまう山芋。これがアレルギーによるものだとしたら、山芋を取り扱って手に痒みが生じる大多数の日本人が山芋アレルギーということになってしまいますよね。では、具体的にはこのアレルギーは、どのような症状を発するものなのでしょうか?

山芋には、アセチルコリンという物質が含まれています。これは、直接人体に作用し、アレルギー反応を起こしてしまう物質です。このような物質のことを、仮性アレルゲンと言います。つまり、山芋を食べてアレルギーを発症してしまう可能性は、確実にあるということですね。

そして、このアレルギーによる症状としては、蕁麻疹が起こったり、体の様々な部位に違和感を感じてしまいます。また、下痢や嘔吐、腹痛といった症状が起こることもあります。

時には呼吸にも影響が及び、アナフィラキシーショックと言われる命に関わる症状に陥るケースもあります。イモ類と言えば安全性が高い印象なのに、山芋アレルギーは怖いイメージですね。ですが、実はこの山芋アレルギーは、そんなに多くの人が持っているわけではありません。

山芋アレルギーで手が痒くなる?


山芋にアレルギーを起こす可能性があるということが分かったら、次に気になるのは、洗う際に手の痒みを生じるのはアレルギーなのかどうか、という点ですね。手が痒くなるのだから、食したら危険と判断してしまう方もいらっしゃるでしょう。

ですが、実はこの痒みを発症している原因となっているのは、シュウ酸カルシウムという成分によって起こる現象です。これは、針のような形をした結晶になっており、皮膚近くでシュウ酸カルシウムが壊れ、これが手に刺さるために、かゆくなるのです。

もちろん、口の周りが痒くなるといった症状も、同じ原因によるものです。アレルギーとは原因が異なりますので、安心してください。

また、手の痒みが起こるのが気になる方は、山芋を酢水に浸けて調理しましょう。シュウ酸カルシウムは、酸に弱い性質を持ちますので、これだけでかなり軽減されます。

ちなみに、山芋を食べて喉に違和感を感じる場合ですが、これに関してはアレルギーの症状を疑った方が良いでしょう。アレルギー症状は様々ですが、口に入れた際に味がおかしいと感じたり、かゆみや痛み、ピリピリ感を感じたりするのも、その可能性が高いのです。

口の周りの痒み程度ならほぼ心配無用ですが、喉にまで違和感のある場合には、山芋アレルギーを考え、医師に相談しましょう。

山芋には嬉しい効果も!


アレルギーを起こす原因になることもあり、また喉が詰まったような感覚に陥って苦しむケースもある山芋。このような点だけに着目してしまうと、とても怖い食材のように思えてしまいます。ですが、実は山芋には健康に嬉しい効果や効能も多数ある、ということを忘れてはなりません。

例えば、腸内環境の改善化。山芋には酵素が多数含まれており、これを摂取することで腸内環境を整えます。そして免疫力を高め、病気に負けない体作りに役立ってくれるのです。ただし、酵素は熱に弱いので、生の状態でトロロとしていただきたいですね。

それから、喉を詰まらせるリスクがある山芋は、アレルギーの無い人にとっては喉の良い薬です。山芋には痰を除去する作用があるということが知られ、昔から漢方でも用いられています。呼吸器を強くする効果も期待できると言われており、実は喉にも嬉しい食べ物なのです。

他にも、様々な内臓の機能を強化する働きがあると言われている山芋。アレルギーの心配が無さそうなら、ぜひ積極的に取り入れて、元気な体作りに役立てていきたいですね。

まとめ


山芋は安全性をよく確かめてから食べれば、健康に良い食材の1つ。ただ、アレルギーに関しては時として命に関わるものなので、安易に考えず、しっかり対策していきたいですね。

特に子供の場合、喉などに違和感があってもすぐに気付けないケースもあるので、与える年齢や量などに注意して、慎重に食べさせるようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする