さつまいものレシピ☆人気のおやつと言えばどのようなもの?

さつまいも おやつ
秋になると旬を迎える美味しい食材の1つと言えば、さつまいもですね。このさつまいも、最大の特徴は甘味です。天然の甘さがあるから、おやつのレシピにも大活躍してくれますよね。

では、そんなさつまいもを活用したおやつのレシピの中でも、特に人気が高いのは、どのようなものなのでしょうか?そこで、人気のさつまいもおやつレシピを紹介していきます。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

さつまいものレシピ☆簡単どら焼き


さつまいもを活用したおやつレシピの中で、人気が高く、子供にも大人にもウケると好評なのがどら焼きです。どら焼きと言えば和菓子の定番ですし、けっこう満足感が実感できるおやつという意味でも、育ち盛りの子供のおやつにピッタリだと言えます。

ですが、どら焼きというと作り方が難しいイメージがありますよね。確かに名店の和菓子店のような本格派なものを作るのは難しいかもしれません。ただ、家庭で作ればそんなにこだわらなくても、作りたてというだけで美味しいものです。

そんな、簡単に作ることができる「さつまいものどら焼き」レシピはこちらです。

●材料(10個分)
・薄力粉・・・140g
・ベーキングパウダー・・・10g
・卵・・・2個
・牛乳・・・120
・蜂蜜・・・小さじ2
・みりん・・・小さじ2
・砂糖・・・60g
・醤油・・・小さじ2
・こしあん・・・200g程度
・サツマイモ・・・6〜8センチ分


●作り方
さつまいもは小さく切って柔らかく茹でておきます。
薄力粉とベーキングパウダーをふるいます。
卵を泡立て、砂糖を2〜3回に分けて加えて白くふんわりするまでハンドミキサーで混ぜていきます。
に醤油とはちみつ、みりん、牛乳を加えて混ぜ合わせ、ここにの粉を加えてさっくりと混ぜます。
を薄く油をひいたフライパンやホットプレートで丸く焼いていきます。
さつまいもをこしあんに混ぜて、これを生地の間に挟みます。
しばらくラップで巻いておいておくとしっとりして、よりどら焼きらしくなります。

さつまいものレシピ☆人気のおやつはやっぱりスイートポテト!


さつまいもを使ったおやつレシピの中で、特に人気の高い定番と言えばやっぱり、スイートポテトですよね。これは意外と簡単に作れてしまうものなので、お菓子作り初心者にもおすすめです。また、工夫次第でカロリーを大幅にダウンさせることもできるのが嬉しいですね。

●材料(60g×3〜4個分)
・さつまいも・・・約200g
・A.ココナッツミルク・・・20
・A.甜菜糖・・・大さじ1
・A.卵黄・・・1個分
・黒ごま・・・適量


●作り方
柔らかく蒸したさつまいもの皮を剥き、熱いうちに裏ごしします。
にAを混ぜます。
手で成形後、アルミ型などに入れていきます。
飾り用に分量外の卵黄を用意し、これを薄く表面に塗布し、黒ごまをふります。
200℃のオーブンで約30分焼けば完成です!

今話題のココナッツミルクを使用したことで、カロリーが節制できるのですね。甜菜糖は体を温める作用のある砂糖なので、冷え性の女性にもおすすめです。

さつまいもの簡単おやつレシピ☆大学芋


スイートポテトよりもさらに、難易度の低いさつまいものおやつレシピを探しているなら、おすすめは大学芋です。大学芋と言えば、昔ながらのおやつとして、老若男女問わず人気の高いレシピですよね。しかも非常に簡単に作れてしまうのも魅力の1つです。

●材料
・さつまいも・・・約200g
・A.砂糖・・・大さじ3
・A.酢・・・少々
・A.水・・・大さじ1
・サラダ油・・・適量


●作り方
乱切りにしたさつまいもを水にさらしてから、ざるに上げて水けを拭き取っておきます。
を油で揚げて火を通します。
小鍋でAを煮立て、混ぜながら茶色く色づくのを待ちます。
揚げたさつまいもをに絡めれば出来上がりです。

揚げて甘い蜜で絡めるだけのシンプルレシピ。子供と一緒に作ってみても良いですね。ただし、油の取り扱いは大人が行いましょう。

こちらは簡単に作れて美味しいレシピではありますが、カロリーが気になるところ。美味しいからといって、頻繁に作るのはやめた方が良いかもしれません。

まとめ


様々なおやつに変身してくれるさつまいも。魅力がぎゅっと凝縮された食材ですね。そんなさつまいもを活用した人気のレシピを多数習得して、家族を喜ばせてみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする