モリコロパークのプール※駐車場はある?混雑状況はどうなの?

駐車場
家族やカップルで、夏のレジャーにはぜひ訪れたいプール施設。
特にモリコロパークは大人気ですよね!

そんなモリコロパークのプール施設にお出かけを考えているけれど、駐車場の有無や混雑状況、料金など、気になる点が色々ありますよね。

そこで、こちらのプールの情報を集めてみました!



スポンサーリンク
スポンサーリンク

モリコロパークのプールの駐車場


モリコロパークとは、愛知県の長久手市にある愛・地球博記念公園のことを言います。
こちらでは毎年プールが運営され、大人気となっているのです。

アクセスは、電車やバスの場合、
・東部丘陵線(リニモ)〜『愛・地球博記念公園駅』下車すぐ
・名鉄バス『愛・地球博記念公園駅』下車すぐ

となっており、公共の交通機関を利用しても便利なことが分かりますね。

ですが、小さな子供がいる場合には、やはり車で訪れたいという方もいらっしゃるでしょう。

車の場合には、アクセスは、
・東名高速道路・日進JCTから、名古屋瀬戸道路に分岐「長久手IC」東へ約5分
・東名高速道路「名古屋IC」東へ約20分

となっています。

それから、駐車場に関してですが、北口駐車場と西口駐車場、南口駐車場の3箇所があります。

プールの開催期間中は8時〜19時までの入庫となります。
駐車場の料金は、普通車なら500円。

1811台収容ではありますが、非常に混雑する施設ですので、停めたいのなら朝早くから訪れるのがオススメです。

プールを利用するのであれば、3箇所の駐車場のうち、西口駐車場が最寄りで良いですね。
園内は広いので、できるだけ最寄りの駐車場を利用しましょう。

モリコロパークのプール☆混雑状況は?


モリコロパークのプールは屋内で楽しめるところがあり、日焼けせずに満喫できるということで人気があります。

特に主婦層の間では大人気です。

料金は、大人1,030円、中学生以下が410円。
リーズナブルなのも人気の秘密ですね。

そんな内容を知ると、やはり大混雑するのではないかと思えてしまいますよね。
ですが、実はこちらのプール施設、意外と混雑が激しくないということでも好評です。

空いているわけではありませんが、泳ぐこともできないほど大変な状況にはなりません。

こちらのプール施設は、おむつを着用している方は、衛生面の理由で入場できません。
そのため、小さな子供が遊べないというのが空いている理由の1つなのかもしれませんね。

おむつ着用の子供には、外にじゃぶじゃぶ池などがありますので、こちらで遊ぶと良いでしょう。

子供がいないカップルや、比較的大きな子供だけの家族には狙い目のプール施設ですね。

モリコロパークのプール☆お得に楽しむには?


意外と穴場的なスポットであるモリコロパークのプール。

こちらは、料金が元々リーズナブルではありますが、さらにお得に楽しむ方法があります。
例えば、夏休み前の料金で訪れる方法。

夏休み前の期間、平成27年4月25日〜7月17日までに訪れれば、高校生以上の料金が800円、中学生以下の料金が300円になります。

温水プールなので、かなり早い時期から楽しめるのも嬉しいですね。

また、この期間を過ぎた場合には回数券の利用がお得です。

1回分が無料になる回数券は、10回分で大人が10,300円。
中学生以下は4,100円です。

何度も訪れる方には嬉しいですね!

この回数券、プール施設だけでなく、駐車場にもあります。
駐車場の回数券は、11枚セットで5,000円。

これも1回分がお得になるので、何度も訪れる予定があるなら、購入してみると良いでしょう。

さらに、リニモを利用して訪れた場合には、温水プールの入場料が大人200円引き、小人100円引きになるという特典もあります。

この割引に関しては、夏休み前のお得な料金との併用はできませんのでご注意ください。

まとめ


モリコロパークは、温水プールが楽しめる素敵な施設です。

施設内容が充実しており、しかも日焼けなどの心配も少なく、誰もが安全に安心して楽しめる施設ですね。

プール以外の施設も充実しているので、宿泊を伴う旅行として訪れても楽しめるでしょう。

大きな駐車場もありますので、ファミリーでのお出かけにもピッタリですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする