さつまいものカロリー☆ダイエットには向いているの?不向きなの?

さつまいも
甘くてホクホクなさつまいも。
「芋・栗・南京」なんて言葉があるくらい、女性には特に人気の高い野菜の1つですよね。

そんなさつまいもですが、やはり気になるのは、ダイエット中の女性の敵なのか味方なのか、という点ではないでしょうか?

そこで、一体カロリーはどのくらいあるのか、気になる点を調べてみました。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

さつまいもの気になるカロリー


さつまいもの気になるカロリーですが、これは何と、100gあたり130キロカロリー前後であると言われています。

甘くてホクホクしたサツマイモ。
エネルギー源になる炭水化物であることを考えても、非常に高カロリーなイメージがありますよね。

ですが、100gあたりのカロリーを比較すると、これは何と白米のご飯よりも低カロリーになってしまうのです!

ちなみに白米のご飯のカロリーは、100gあたり168キロカロリーとなっています。

差はそれほどないように思われるかもしれませんが、毎日、ご飯をさつまいもに置き換えるだけで、かなりのカロリーダウンが期待できるということになりますよね。

ただし、気を付けなければならないのはさつまいもの調理法です。

炭水化物という栄養素が豊富に含まれるさつまいもは、脂質と合わせることで、非常に太りやすい食べ物になります。

例えばバターを乗せてしまったり、さつまいもの天ぷらなどにしてしまうと、高カロリーな上に太りやすくなるということですね。

ダイエットに活かしたいのであれば、調理法に気を付けて、甘くて食べ応えのあるさつまいもを活用してみましょう。

さつまいもを使ったダイエット


意外と低カロリーなさつまいもは、ストレスフリーなダイエットに役立てることができます。

例えば蒸したり、焼いたりするというシンプルな料理にして、おやつなどに役立ててみてください。

この方法であれば、脂質とは合わさらないので、太らないおやつになりますね。

しかも、蒸したり焼いたりするだけでも十分な甘味のあるさつまいもは、これだけでかなりの満足感が得られます。

ストレスを感じずに、お腹いっぱい食べながらのダイエットができるというわけです。

それから、ダイエットの大敵と思われてしまいがちなご飯。
これにさつまいもを加えて、さつまいもご飯にしてみても良いですね。

低カロリーなさつまいもを混ぜて炊くだけでも、ご飯そのもののカロリーダウンを実現できてしまいます。

また、さつまいもは実は、血糖値の上昇が緩やかな炭水化物です。

そのため、これをご飯代わりに食べても、脂肪になりにくく太りにくいという魅力があります。

例えば置き換えダイエットなどをした後で、急激なリバウンドが怖い時などにも、適度にさつまいもを取り入れることで対処ができるというわけですね。

さつまいものダイエットに適した栄養


さつまいもは意外と低カロリーというだけでなく、栄養の面でもダイエットに適していると言えます。

まず、豊富に含まれる食物繊維。
さつまいもを食べると、便秘が解消されるという話は有名ですよね。

食物繊維のパワーで便秘が解消されれば、代謝が高まり、痩せやすくなれる可能性があります。

また、食物繊維が豊富な食べ物は満腹感が得られやすく、太りにくいというメリットもありますね。

それからミネラル。
さつまいもは特に、皮の部分に魅力的なミネラルを豊富に含んでいます。

このミネラルをしっかり摂取することは、ダイエットを考える女性にとって重要なことです。
キレイ痩せを実現してくれる栄養満点な食材であると言えます。

このように、実は栄養価が高く、ダイエットに向いていると言えるさつまいも。
皮ごと食べて、キレイ痩せに活用してみましょう!

さつまいもダイエットを成功させるコツは、食べ過ぎないことと、素材の味を活かした調理をすることですね。

まとめ


さつまいもはカロリーの面でも、栄養価の面でも、ダイエット向きの食材であるということがよく分かります。

太りそうなイメージが強い食材ではありますが、それは大きな勘違い。
実は、スリムを応援してくれる魅力的な野菜なのです。

しっかり活用して、健康的にキレイに痩せられるダイエットを実現してみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする