おんまく花火大会☆今治で行われるお祭りは駐車場はあるの?

おんまく花火大会
様々な花火大会がある中で、愛媛県の今治で開催されるおんまく花火大会は、ファンの多いお祭りとなっています。

そんなおんまく花火大会、行ってみたいけれど、日程やアクセス、駐車場などが気になる方もいらっしゃいますよね。

そこで、こちらの花火大会の詳細な情報を紹介していきます。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

おんまく花火大会の2015年開催日程は!?


おんまく花火大会は、今治市民のお祭りとして知られています。
こちらは四国最大級の花火大会で、毎年多くの人出でにぎわいます。

このおんまく花火大会の開催日程は、毎年、8月の第1日曜日と決まっています。
おんまく祭り自体が8月の第1土・日曜日に開催されるため、その第2日目となる夜の20時から1時間開催されるのです。

2015年に関しても例年通りの日程の予定で、花火大会は8月2日の日曜、20時〜21時に開催されると考えられます。

荒天の場合には、8月3日の月曜日に延期です。

せっかくの土日のお祭りですので、できれば延期にはならないでほしいものですね。

おんまく花火大会☆今治までのアクセスと駐車場


おんまく花火大会が開催される今治市は、タオル作りや造船業等が有名なスポットです。
ですが、あまり観光で訪れた経験が無い、という方も少なくないでしょう。
そのため、アクセスで迷ってしまうこともありますね。

おんまく花火大会の打ち上げ場所は、今治港防波堤です。
こちらまでのアクセスは、電車の場合にはJR予讃線・今治駅から徒歩約15分です。
やや距離はありますが、街並みを散策しながら歩いていくのも1つの楽しみですね。

それから、車で訪れる場合には、今治小松自動車道の今治湯ノ浦ICから国道196号を経由し、県道38号線を今治方面に約10キロ走ります。

あるいは、瀬戸内しまなみ海道の今治ICから、一般道を今治方面に約3キロとなっています。

電車で訪れた方が確実ではありますが、おんまく花火大会は比較的、車でも訪れやすいスポットです。

当日は、会場周辺の小学校などの校庭が解放され、駐車場として利用できます。
約1,000台もの車を停められる臨時駐車場になりますので、安心ですね。
こちらの駐車場に関しては無料で利用できます。

また、おんまく花火大会の素敵なところは、全農えひめで障害者特別駐車場が設けられていることです。

障害のため駅から歩くのが難しいという方にも、これなら安心ですね。

ただし、やはり駐車場は混雑が予想されますので、混雑を避けたいのなら電車で訪れるのが1番でしょう。

おんまく花火大会の見どころは?


四国四大花火大会に数えられるだけのことはあり、おんまく花火大会は見どころも満載です。

毎年約20万人もの観客を動員するほど大規模な花火大会ですので、その賑わいも1つの楽しみですね。

まず、見どころとして押さえておきたいのはオープニングです。
花火柱が大迫力で、感動すること間違いなしです。
尺玉100連発も、目が離せない見どころの1つです。

こちらの花火大会で打ち上げられる花火の総数は約9,000発。
たった1時間程度の花火大会ですので、その間にこれだけの数の花火が次々と打ち上げられることを考えると、どれだけ充実しているのかイメージできますね。

また、おんまく花火大会は、今治市民のお祭りであるおんまく祭りの中の1つです。
この花火大会だけを見に訪れるのでは、やはりもったいない感じがしますよね。

せっかくなので、お祭り自体も満喫してみましょう。

B級グルメが出店で味わえたり、木山音頭を楽しめたりと、様々なイベントが開催されますので、1日飽きずに満喫できるでしょう。

まとめ


おんまく祭りは、今治市民の素敵な心のこもったお祭りです。
駐車場の状況を考えても、思いやりが伝わってきますよね。

見どころも満載で、楽しみ方も多彩なおんまく花火大会。
ぜひ訪れて、四国の名物イベントをこ心から満喫してみましょう!

アクセスも便利な場所での開催なので、初めて訪れる方でも迷いにくく、行きやすいというのも嬉しいポイントですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする