いたばし花火大会☆2015の行き方や日程は?見どころはどんなところ?

荒川の河川敷で繰り広げられる大規模な花火大会として注目されているのが、いたばし花火大会です。

こちらの花火大会、2015年も楽しみにしているという方が多いですよね。

では、今年はどんな日程で、どんな内容で開催されるのでしょうか?
また、会場への行き方も気になるところです。

そこで、そんないたばし花火大会の詳細な情報を集めてみました。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

いたばし花火大会☆2015の日程は?


いたばし花火大会は、毎年8月の第一土曜日の開催となっています。
2015年は8月1日(土)を予定しています。

実はこの日は、多くの花火大会が開催される日です。

例えば江戸川の花火大会もこの日を開催予定日としています。
大規模な花火大会が重なってしまうので、どちらに行こうか悩んでしまうところですね。

いたばし花火大会は、約90万人もの人出で賑わうお祭りです。
花火の内容も期待が持てますので、2015年はこちらを選んでみても良いのではないでしょうか?

打ち上げ時刻は19時~20時45分を予定しています。
たくさんの花火を短時間で打ち上げる花火なので、気持ちが良いですね。

対岸の戸田市と合わせると、打ち上げ数は1万発を超えます。
次々に打ち上げられる花火は、目が離せませんね!

いたばし,花火大会

いたばし花火大会までの行き方は?


いたばし花火大会までの行き方ですが、こちらは荒川での開催となりますので、荒川を目指して行きましょう。

当日は交通規制が敷かれ、しかも周辺に駐車場がありません。
そのため、行き方としては公共の交通機関の利用がオススメです。

電車で訪れる場合のアクセスは、都営三田線高島平駅、西台駅、蓮根駅から徒歩で約30分です。

それから、JR浮間舟渡駅からも徒歩30分となっていますので、都合の良い方を利用しましょう。

ただし、JR浮間舟渡駅や西台駅は毎年、大変混雑します。
一般席を利用するのであれば、高島平駅がオススメです。

駅からの距離がけっこうありますので、シャトルバスを使用した行き方もオススメです。
東武東上線の成増駅、東武練馬駅より、国際興業バスを利用すると、それぞれのバス停から徒歩で15分程度となっています。

いずれにしても、当日は非常に混雑しますので、早めの時間帯から会場近くを訪れておくと良いですね。

こちらの花火大会では、有料席の販売もあります。
余裕を持って楽しみたい方は、事前にこの席を購入しておきましょう。

チケットの一般販売開始は、6月28日の朝10時から。
最も高額なのは陸上競技場のテーブル付座席で、2万8千円ですが、低価格に楽しめるB席スタンド席なら2,100円です。
予算に合わせて選ぶのも1つの方法ですね。

いたばし花火大会☆2015年の見どころ


このいたばし花火大会は、都内の花火大会の中では珍しく、大きな尺玉を打ち上げられるのがポイントです。

これは見逃せない見どころだと言えますね。

また、こちらの花火大会は仕掛け花火も凝っていて、見どころの1つとなっています。
全長600mのナイアガラ花火は、関東では最大級と言われており、これも要チェックなポイントです。

打ち上げ場所が間近にあるので、迫力満点なうえに、花火の音までお腹に響いてくる感覚を楽しめます。

腕の良い花火師たちが渾身の花火の数々を打ち上げるパフォーマンスは、時間中、1度も目が離せなくなるほどの素晴らしさです。

特にオープニングやフィナーレは、毎年趣向を凝らした内容となっているので、2015年はどんなものなのか期待が持てますね。

こちらの花火大会では、過去にはポケモンを模った花火などもありました。
今年もそのような、子供が喜びそうな珍しい花火が見られるかもしれません!

まとめ


いたばし花火大会は、関東では最大級の夏祭りです。
2015年は、そんなこちらの花火大会に訪れて、活気や夏の空気、それから圧巻の迫力を誇る数々の花火を楽しみましょう!

荒川までの行き方は、ちょっと不便で歩くのは大変かもしれません。
ですが大都会で、歩く道でもショッピングや食事を楽しんだりできますので、30分なんて意外とあっという間です。

そんな行く道も楽しみの1つにしてしまいましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする