岡崎の花火☆2015年の日程や見どころはどこ!?穴場スポットは!?

夏が近づくと、無性に花火大会に行きたくなりますよね。

人気のお祭りは大勢の人で混雑して大変なのに、飛んで火にいる夏の虫のように、行きたくてたまらなくなってしまうという人も多いでしょう。

そんな花火ファンにオススメのお祭りの1つが、愛知県の岡崎市で開催される「岡崎城下花火大会」です。

では、こちらの花火は2015年の開催概要はどうなっているのでしょうか?

そこで、このお祭りの情報を集めてみました。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

岡崎の花火☆2015年の日程は?


まず、岡崎城下花火大会の2015年の日程ですが、8月1日(土)となっています。
小雨決行で、もしひどく天気が荒れるようなら、翌日8月2日(日)に延期されます。

この花火大会は毎年、8月の第1土曜日と決まっています。
土曜日なので翌日を気にせずゆっくり楽しめるという方も多いでしょう。

打ち上げの時刻は、18時50分~21時。
ゆっくりと長い時間楽しむことができる花火大会です。

この花火大会は、正式名称を「岡崎城下家康公夏まつり花火大会」と言います。
家康にも関係する、歴史あるお祭りなのですね。

開催される場所は、乙川河畔と矢作川河畔。

アクセスは、電車で訪れるなら名鉄岡崎公園前、あるいは東岡崎駅、それから愛知県環状鉄道中岡崎駅で降ります。

これらの駅から徒歩で10分程度となっています。

車でも訪れることは可能で、東名岡崎ICから西に約10分ほどの場所での開催となります。
ですが会場の周辺に駐車場がありませんし、大変混雑します。
できれば公共の交通機関を利用して訪れましょう。

花火大会

岡崎の花火☆2015年の見どころ


岡崎の花火は、毎年見どころ満載の内容となっています。

まず、この花火大会では岡崎城をバックにした花火が楽しめるというのが大きな特徴です。
城をバックにした花火大会というのは非常に珍しく、また見ごたえも抜群のものです。
そんな幻想的な風景をぜひ、堪能してみてください。

また、岡崎は三河花火発祥の地としても知られており、職人さんの技が光る趣向を凝らした花火が多数打ち上げられます。

金魚花火火車など、他の花火大会ではあまり見られないような珍しいものもありますので、目が離せませんね!

それからこちらの花火大会では、単に花火を打ち上げるだけでなく、音楽とコラボさせる「メロディスターマイン」も人気となっています。

音楽と花火との融合は格別で、家族でもカップルでも感動すること間違いなしです!

こちらの花火は、種類がとにかく豊富で、しかも花火の質も高いので、ファンにはたまらない内容となっています。

2015年で67回目となる、歴史ある花火大会ですので、1つ1つの花火が持つ素晴らしさを間近で満喫したいですね。

岡崎の花火☆穴場スポット情報


岡崎の花火は、東海地方では最大級とも言われる規模の大きいものとなっています。
また、屋台も多く、100以上にも上ると言われています。

そのため、毎年非常に多くの人で大混雑となります。
その数はなんと、約48万人とも言われています。

それだけ多くの人々が会場周辺に集まるわけですから、ゆっくり花火鑑賞したいのなら、コツが必要ということになりますね。

花火はしっかり見られるのに、意外と人が少ない穴場スポットを見つけてみましょう。

まず穴場としてオススメのスポットの1つが、コムタウンという商業施設です。
こちらはトイレや食事の心配なしに花火を満喫できますね。

それから、岡崎公園も意外と穴場です。
早めの時刻に場所取りに行くと、こちらで楽しむことができます。

岡崎公園は会場からすぐなので、花火大会を間近で鑑賞できるのが嬉しいですね。

また、岡崎シビコもオススメです。
こちらも商業施設なので、トイレ等の心配が不要です。

毎年、屋上を花火鑑賞のために開放してくれているので、2015年も期待してみましょう。
事前に問い合わせておくと安心ですね。

こちらは有料の駐車場となっているので、車で訪れる場合には注意してください。
東岡崎駅からは徒歩で約15分の立地なので、電車で訪れても良いかもしれませんね。

まとめ


岡崎の花火大会は、ファンをうならせる素晴らしい内容のものになっています。
2015年も見どころがたくさんありそうで、期待してしまいますね。

そんな岡崎の花火大会、できるだけゆったりと鑑賞できるように、しっかり穴場情報をチェックしておきたいですね。

早めにスケジュールを組んで、土日は泊まり込むくらいの勢いで楽しんでしまうのがオススメです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする