葛飾花火大会☆2015年の日程やアクセスは?どこが見どころ?

葛飾花火大会は、正式名称が「葛飾納涼花火大会」。
こちらは東京都内で開催される数々の花火大会の、トップバッターとなるイベントです。
規模の大きな花火大会で、大勢の人出で毎年賑わっています。

葛飾と言えば東京の中でも、下町のような雰囲気のある味わいある街。
花火大会が無くても、ここを訪れてみたいと考える観光客は多いですよね。
花火の機会には、ぜひ訪れて観光も楽しみたいものです。

そんな葛飾花火大会、2015年の日程やアクセスがどうなっているのか、気になるところですね。

そこで、そんな詳細な情報を調べてみました。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

葛飾花火大会☆2015年の日程やアクセス


まず、葛飾花火大会の2015年の開催概要について紹介します。
こちらの花火大会は、毎年7月の第4火曜日に開催されています。
おそらく2015年も、第4火曜日である7月21日に開催されるでしょう。


打ち上げ時間は19時20分~20時20分ごろ。
この1時間の間に打ち上げられるのは、約12,000発もの大迫力な花火です。
1時間、空から目を離せませんね!

そんな葛飾花火大会までのアクセスですが、開催場所は葛飾柴又野球場。
アクセスは、京成電鉄の柴又駅から徒歩15分となっています。

徒歩15分と言うと遠く感じられますが、下町情緒のある柴又の参道を散策するのも楽しみの1つですね。

寅さんの銅像などがあり、1つの観光のような気分で、葛飾花火大会の会場までの道のりを楽しむことができます。

徒歩15分という長さも、あっという間に感じられるでしょう。
便利なアクセスではありませんが、ぜひ公共交通機関を利用して訪れてみてください。

葛西花火大会

葛飾花火大会☆2105年の見どころは?


葛飾花火大会には、他の花火大会には無い様々な見どころがあります。
例えば、キャラクター花火

葛飾区と言えば有名なのは、こち亀ですよね。
このこち亀の主役、両さんの花火なども打ち上げられます。

さらに、キャプテン翼など凝ったものも多く、キャラクターファンにはたまりません!

他では見られない独創的な内容に、ぜひ1度は訪れたくなる花火大会として選ばれる理由が納得できますね。

毎年内容が変わりますので、2015年にはどのような花火が楽しませてくれるのかと、期待してしまいます。

また、こちらの花火大会は打ち上げ場所が鑑賞スポットから近いため、臨場感を味わえるのも嬉しいポイントです。

続々と花火が打ち上げられる様子を間近で鑑賞すると、約1時間、空から目が離せなくなってしまいます。

フィナーレを飾る空中ナイアガラも見どころの1つです。
最初から最後までじっくり楽しみたい花火大会ですね!

観客を飽きさせることのない工夫がある花火大会なので、「そんなに花火に興味が無い」という方も、ぜひ1度訪れてみてください!

葛飾花火大会☆穴場スポットは!?


55万人もの観客が訪れると言われる大規模な葛飾花火大会。
できれば穴場スポットから満喫したいですよね。

こちらの花火大会を、比較的ゆっくり楽しめるスポットは周辺にいくつか存在します。

まず間近で大迫力の花火をゆっくり楽しみたいなら有料席を確保するのがベストです。
5,000円~6,000円の席ですが、購入する価値実感出来る内容となっています。

それからお金をかけずに楽しみたいのなら、松戸側にあるゴルフ場です。
比較的、花火の打ち上げ場所からも近く、思い切り楽しめるのに混雑しにくい穴場スポットとなっています。

そしてもう1つが、下町情緒を楽しめる柴又街道です。
ここには高さのある建物が少ないため、花火が鑑賞しやすく、葛飾柴又の雰囲気と花火を同時に楽しめるオススメスポットとなっています。

まとめ


葛飾花火大会は、様々な見どころ溢れる、他にはない魅力のある花火大会です。
2015年もゆっくり楽しむために、日程やアクセスをしっかり頭に入れ、この日に向けてスケジュールを立てていきたいですね。

混雑するお祭りなので、事前に穴場スポット情報などを押さえ、準備をしておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする