鎌倉のあじさい※見頃はいつ?ホテルはどこを利用すれば良い?

梅雨時に憂鬱な気分を吹き飛ばしてくれる、鮮やかに咲き誇るあじさい。
そんなあじさいを楽しめる名スポットとして知られるのが、鎌倉ですね。

では、鎌倉であじさいが見頃を迎えるのはいつなのでしょうか?
見に行くなら、できれば泊りがけでゆっくりと見学を楽しみたいですよね。

そこで、見頃とオススメのホテルの情報について、併せて紹介していきます。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

鎌倉のあじさいの見頃は?


まず、鎌倉であじさいが見頃を迎えるのはいつごろなのでしょうか?

あじさいの季節は梅雨時とはいえ、梅雨入りの季節も地域によって違うのですから、見頃もしっかりチェックしておく必要がありますね。

鎌倉であじさいが見頃を迎えるのは、例年では6月中旬頃から7月中旬頃までです。
これより早ければまだ咲いていない可能性があり、また遅ければ枯れ始めている可能性もあります。

この1カ月の間に訪れるようにすると良いですね。

鎌倉にはいくつかのあじさい鑑賞スポットがあります。

特に名所として知られるのが、名月院です。
こちらは「アジサイ寺」とも呼ばれるほどのスポットで、境内に約2,000株ものあじさいが植えられています。

それから、成就院もオススメのスポットとなっています。

小高い丘の上にある寺なので非常に見晴らしが良く、あじさいと周囲の景観とを併せて楽しめるのが魅力です。

これらの鎌倉にあるあじさいの名所は、いずれも6月中旬頃~7月中旬頃が見頃。

この時期には周辺施設も混雑する可能性があるので、早めにホテルなどの確保をしておくと安心ですね。

鎌倉,あじさい

鎌倉で宿泊するならホテルあじさい


鎌倉でゆったりとあじさい鑑賞を楽しみたいのなら、素敵なホテルに宿泊して楽しむのがオススメです。

そこで人気のホテルですが、その名も「あじさい」という名のホテルが、鎌倉に存在します。

ホテルあじさいは、鎌倉の銘菓として知られる「あじさい」に込められた「縁」への思いから誕生したホテルです。

こちらのホテルでは、部屋から山の緑が鑑賞できるようになっており、鎌倉の素晴らしい自然を満喫できます。

しかも、あじさいの名所であるホテルまでのアクセスも良く、鎌倉散策にはピッタリな立地となっています。

宿泊料金は1名様7,500円~となっており、高品質なホテルのわりにはリーズナブルなのも嬉しいですね。

特にホテルあじさいがこだわっているのは、寝具です。
枕やファブリックの肌触り、ベッドの在り方などにとことんこだわっています。

そのため、旅の疲れをゆったりと癒すことができるホテルとなっています。
あじさい鑑賞の旅行に訪れた際にも、こちらのホテルでしっかり心も体も、癒されたいですね。

あじさい鑑賞で宿泊したい鎌倉プリンスホテル


非日常感を感じられるホテルに宿泊したいなら、鎌倉プリンスホテルがオススメです。

こちらのホテルには、3つの飲食店が入っているので、あじさい鑑賞後にゆっくりとホテルで過ごしたいという方には嬉しいですね。

鎌倉プリンスホテルは立地も便利で、周辺には多数の観光スポットがあります。

もちろん名所である名月院にも訪れやすくなっているので、あじさい鑑賞で鎌倉を訪れた際にもピッタリのホテルだと言えます。

また、鎌倉を訪れたならぜひ、立ち寄りたいのが江の島と富士山ですね。

この鎌倉プリンスホテルは小高い丘の上に建っているため、相模湾の夕焼けの中に映える素晴らしい江の島と富士山を鑑賞することができます。

それから、夕焼けを楽しめると言えば稲村ヶ崎。
ここの夕日も絶景として知られています。

鎌倉は、あじさい鑑賞だけで帰ってしまうのはもったいない、素晴らしい景色を満喫できるスポットが豊富な街です。

そんな様々な楽しみがある場所にある鎌倉プリンスホテルは、1度は宿泊してみたいホテルであると言えるでしょう。

まとめ


あじさいの名所が多数存在する、味わいある街、鎌倉。
6月中旬~7月中旬頃には、数々の名所で素晴らしいあじさいが見頃を迎えます。

ぜひ訪れて、また素敵なホテルに宿泊して、思い切り鎌倉の良さを楽しんできましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする