偏頭痛の対処法※低気圧が近づくと頭痛がするのはなぜ?

偏頭痛
ズキズキと辛い偏頭痛。
男性に比べ女性がなりやすい頭痛といわれています。

ストレスや疲労、寝不足の時に痛みが出やすいと言われていますが、
低気圧が近づいてくる時に偏頭痛になる人も多いようです。

低気圧と頭痛にはどのような関係があるのでしょうか?




スポンサーリンク
スポンサーリンク

偏頭痛の原因と症状


頭痛と一口でいっても、風邪を引いた時の頭痛や、肩や首のコリがひどくなると起きる緊張型頭痛、ズキズキと脈打つような痛みが起きる偏頭痛や、ある時期に集中して起きる群発頭痛など、原因や症状によりさまざまです。

中でも偏頭痛は発作的に起こる頭痛で、痛みが強くなると日常生活に支障をきたすこともあり、悩んでいる人が多い頭痛です。

偏頭痛は、脳の血管が広がることで起きる頭痛です


何らかの理由により血管が拡張すると、周辺の三叉神経を刺激して偏頭痛になると言われています。

ズッキンズッキンと脈打つような痛みと共に、生あくびが出たり、吐き気がする、光や音に過敏になるといった症状が出ることもあります。

偏頭痛が起きる前に前兆が現れる場合があり、突然視界にギザギザとした光やチカチカとしたフラッシュのような光があらわれたり、視界の一部が見えにくくなる症状=閃輝暗点(せんきあんてん)が起きることがあります。

偏頭痛になると、頭の片側や両側が痛み、動くことで悪化することがあります。

また、首や肩のコリを伴うこともあり、緊張型頭痛と間違える場合がありますが、緊張型頭痛は入浴やストレッチで温めると良くなるのに対し、偏頭痛は温めて結構が良くなると悪化するため、冷やしてじっとしている方が楽になるという違いがあります。

偏頭痛を誘発するもの


偏頭痛の原因としては、冒頭でご紹介したようなストレスや疲労、寝不足の他にも、光や音、湿度や温度といった環境により起きることがあります。

また、緊張から開放された時や、休日などリラックスしている時にも、頭の筋肉の緊張が和らぎ血管が広がることで偏頭痛になることもあります。

さらに、赤ワインやアルコール、チーズ、チョコレート、ハムなどの加工肉など偏頭痛が起こりやすいといわれている食べ物がありますので、もしこれらを食べた後で頭痛が起きることが多い方は、食べるのを避ける事で頭痛になりにくくなるようです。

女性の場合はさらに、排卵期や生理前、生理中といったホルモンバランスの影響によっても偏頭痛が起きることがあります。

偏頭痛の人は低気圧頭痛が起きやすい!?


低気圧頭痛
ところで、雨が降り出しそうな天気の時に頭痛がすることはありませんか?


偏頭痛を持っている方は、気圧の変化、特に低気圧の接近により頭痛が起きることがあり「低気圧頭痛」と呼ばれています。

私も低気圧や気圧の谷が近づいてくると、よく頭が痛くなりますが、天気と頭痛にはどのような関係があるのでしょうか?


低気圧頭痛とは、気圧が低くなってくることにより起きる頭痛ですが、
天気が崩れてくると気圧が下がり、これにより脳の血管にかかっていた圧力が下がることで、血管が膨張して偏頭痛になるようです。

低気圧頭痛についてはまだわからない部分も多いようですが、台風や低気圧の接近に伴い、頭痛や神経痛、関節痛、喘息などの症状が悪化する人が多いので、気圧や気温、湿度の変化が身体に影響を及ぼしていると考えられています。

特に普段から偏頭痛になりやすい人は、梅雨時期から夏にかけて頭痛が起きることが多いようです。

低気圧頭痛が起きると、市販の鎮痛剤を飲んでもあまり効果がないものの、雨が降り始めると、すっーと頭痛が治まることが多いので、天気が回復するのを待つしかないような気がしています。

偏頭痛に効く特効薬が病院で貰えます


テレビや雑誌の広告で見かける一般的な頭痛薬は、偏頭痛の痛みを和らげてくれますが、偏頭痛が酷い時には効果が得られないこともあります。

市販の鎮痛薬を頻繁に飲むと、薬物乱用頭痛という頭痛になってしまうことがありますから、市販薬で頭痛が治らない時には、神経内科や頭痛外来のある病院を受診するようにしましょう。

偏頭痛だと思っていたら、緊張型頭痛もあったりとか、重大な病気が原因で頭痛が起きている可能性もありますので注意が必要です。

病院で処方される偏頭痛の薬には、頭痛が起きた時に飲む頓服薬と予防薬があります。

トリプタン系薬剤には数種類がありますから、飲んでみての効果や副作用について医師に相談しながら、自分にあう薬を選ぶとよいでしょう。

月に頭痛が何度も起きる時は、カルシウム拮抗薬などの予防薬が処方されることもあります。

まとめ


疲労や睡眠不足が原因の頭痛であれば規則正しい日常を送るように心がけることで頭痛に対処することができますが、低気圧頭痛の場合は、天気が回復するのを寝て待つのが一番効果があるように感じています。

我が家では私と息子が、いわゆる頭痛持ちですが、二人で「今日は頭が痛いから雨が降るね」とか、「天気予報では雨って言ってたから仕方がない」と話しています。

頭痛の辛さというのは、なかなかわかってもらえないものですが、痛みで鬱々としてしまうと、よけいそれがストレスを貯めることになってしまいます。

天気が回復すれば嘘のように頭痛が治まりので、周りの人に自分の頭痛を利用して天気予報をするくらいの気持ちでやり過ごすのもいいと思いますよ。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする