アスパラのレシピ☆お弁当に入れても美味しくいただけて簡単なのは?

春が旬の、栄養満点で独特のうまみを持つ野菜、アスパラ。
そんなアスパラは、お弁当に入れるレシピも豊富に存在する優秀な食材です。

冷めても旨みがしっかりしており、独特の食感も楽しめるので、ぜひ旬の季節にはお弁当に入れていきたいですね。

では、そんなアスパラをお弁当に入れるなら、どのようなレシピが人気なのでしょうか?

誰もがチャレンジしやすいような簡単なものを紹介していきます。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

アスパラ☆お弁当にはバター炒めを!


アスパラと言えば、やっぱり定番は炒め物ですよね。
シャキシャキの食感を活かした炒め物に仕上げれば、お弁当の一品としても大活躍します。

特にアスパラは、バターと好相性です。

そこで人気のアスパラレシピの1つが、バター炒め。
まず、アスパラは少し固めに茹でてから冷水に取り、2程度の長さに切ります。
これを、バターと塩コショウで炒めれば良いだけです。

アスパラだけだと寂しく感じられるという時には、シメジやマイタケなどのキノコと炒めてみてください。

あるいは、ハムやベーコンを加えてみても良いですね。
その場合には塩分があるので、塩コショウは控えましょう。

それから、バターだけではなく、アレンジとして醤油を少し加えて「バター醤油炒め」にしても素敵です。

あるいは、カレー粉や粉チーズなどをふりかけて炒めても、また違った風味が楽しめます。

アスパラのお弁当レシピとして大活躍なバター炒めは、アレンジも自在なのが嬉しいポイントですね。

アスパラ,レシピ,お弁当

アスパラレシピ☆お弁当に入れるなら定番も!


アスパラをお弁当に入れるレシピで定番のものと言えば、やっぱりアスパラベーコンですよね。

茹でたアスパラを、ベーコンを使ってグルグル巻いて、転がしながら軽く炒めれば出来上がりです。

これを少しアレンジして、ベーコンをやめて豚肉で巻いてみても良いですね。
豚肉で巻いた場合には、全部の面にしっかり火を通しましょう。

巻き終わりを先に焼けば、ピックなどを使用しなくても留まりやすくなります。

転がしながらしっかり火を通し、ここに醤油・砂糖・みりんを加えて甘辛く味付けしてみても良いですね。

照り焼きのアスパラは、ご飯がよく進みます。

それから、ベーコンが無い場合には、ハムなどで巻いてみても良いですね。
ハムの方が味わいがシンプルなので、塩分を控えたい方にはこちらがオススメです。

マヨネーズなどを添えておけば、特に味付けの必要もありません。

また、お弁当に入れる定番レシピとしては、アスパラの和え物も挙げられます。

ブロッコリーと同じような感覚で、茹でたアスパラにシンプルにマヨネーズを和えたり、かつお節と醤油で仕上げてみてください。

アスパラのお弁当レシピ☆揚げ物にも活用!


お弁当にメインとして揚げ物を入れたいという方もいらしゃいますよね。
そんな揚げ物にも、アスパラは意外と活用できます。

アスパラの揚げ物レシピで人気なのは、アスパラチーズカツです。

●材料(3個分)
・豚こま切れ肉・・・50gほど
・アスパラ・・・2本
・スライスチーズ・・・1枚
・塩コショウ・・・少々
・薄力粉・・・適量
・溶き卵・・・適量
・パン粉・・・適量
・サラダ油・・・適量

●作り方
豚肉をやぶれが無いように重ねていく。

豚肉に塩コショウする。

茹でたアスパラを豚肉のサイズに合わせて切る。
スライスチーズも切る。

にチーズを敷いてアスパラを並べて巻く。

薄力粉・溶き卵・パン粉で衣をつける。

サラダ油を多めにフライパンに熱して、全体を揚げ焼きにすればできあがり!

お弁当に入れる際には食べやすくカットしてください。
冷めても美味しいカツですよ!

まとめ


アスパラをお弁当に入れて楽しむためのレシピはたくさんあります。
毎日のお弁当に入れても飽きないくらい、いろいろなレシピにチャレンジしてみてください。

どんな調味料とも、意外と好相性なアスパラ。
炒めたり和えたり揚げたりと、調理法も多彩なので、旬の間のお弁当作りには困らないかもしれませんね!



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする