フラットのサンダル☆人気があるのはどんなデザインのもの?

高いヒールのあるサンダルも素敵ですが、お出かけの際などには歩きやすさも重要!
そこで最近では、フラットタイプのサンダルも人気となっていますよね。

だけど、フラットタイプのサンダルは、どんなデザインが良いのか悩んでしまうものです。

では、どのようなデザインが人気で、流行が予想されるのでしょうか?
そんなフラットサンダルについて調べてみました。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

フラットサンダル☆厚底が人気!


フラットサンダルというと、ペタンコなデザインのものが大半でしたよね。
ですがペタンコデザインでは、背が低い方やスタイルに自信がない方の場合、コーディネートが決まりにくかったりするものです。

そこで、最近ではフラットサンダルでも、厚底のものが登場してきており、人気となっています。

コルクのソールなどのものが人気で、底が厚めなので、その分背が高く見え、スタイルアップが可能です。

高いと歩きにくく思われるかもしれませんが、底はヒールではなくフラットになっているので、それほど足が疲れません。

厚底サンダルというのは、一昔前に大流行したものですが、時代が巡り、人気が再燃する可能性がありますね。

底の部分の厚みを活かして、ここにデザインを施したオシャレなタイプなどもあります。

また、フラットタイプの厚底のサンダルはコーディネートしにくいという場合には、やや傾斜のついたウェッジソールタイプにしてみても良いでしょう。

ウェッジソールはかかとが高くなったタイプですが、厚みのある底で、しっかり足全体を支えてくれるので楽に履くことができます。

こちらは定番人気となっているデザインなので、種類も豊富です。
ピンヒールサンダルに疲れた方は、こちらにチェンジしてみても良いですね!

フラット,サンダル,人気

フラットサンダル☆リボンやビジューで楽しんで!


フラットタイプのサンダルというと、メンズライクなものが多いイメージがありますね。

ですが、女性らしく素敵なフラットサンダルもあります。
特に女性らしさを演出したいのであれば、リボンやビジューをあしらったデザインが人気です。

ロコンドというブランドのフラットサンダルには、こういった女性らしいデザインが施された物が豊富に揃っています。

女性らしさを演出できるフラットサンダルを探している方は、チェックしてみてください。

また、リボンを活かしたデザインのものを探しているなら、デニム素材などがオススメです。

デニム素材でリボンを作った物などは、カジュアルなファッションに合わせやすく、デイリー使いにピッタリですね!

春から夏にかけて毎年流行するマリンスタイルにもピッタリ合わせられるので、要チェックです。

リボンやビジューを用いたサンダルというと、ヒールの高いものが多かった印象があります。

こういったものは、背が高い女性にはチャレンジしにくいものでしたよね。

今はフラットサンダルにも、こうした女性らしいデザインのものが多数登場してきているので、背が高いことにコンプレックスを抱く女性にもチャレンジしやすいですね!

フラットサンダル☆ビーチサンダルも人気!


フラットサンダルの中でも定番中の定番と言えば、ビーチサンダルです。

ビーチサンダルは海やプールで履くものというイメージが強いですが、最近では日常でも使えるような素敵なデザインのものが豊富になってきています。

ビジューをあしらったものや、シンプルで素敵なデザインのものも豊富で、鼻緒があるけれど「いかにもビーチサンダル」という感じではないものが人気です。

特にハワイアナスのビーチサンダルはファッション性が高く、日常使いしやすいアイテムとして大人気となっています。

こちらのビーチサンダルはごくシンプルなものから、高級装飾モデルまであり、海やプールという場面だけの活用ではもったいなくなってしまいます。

高級装飾モデルではスワロフスキーなどによる装飾も行われています。
夏の足元を彩るサンダルの1つに、ぜひ取り入れたいですね。

それから、このハワイアナスには、男性用やベビー用のサンダルも充実しています。
家族でオシャレに揃えてみるのも素敵ですね!

まとめ


フラットタイプのサンダルにも、様々なデザインのものがあります。
特に人気があるのは、女性らしいファッションを格上げしてくれそうなアイテムですね!

フラットというと、それだけでオシャレをさぼっているような感覚になってしまいがち。

ですが、最近では「あえてフラットタイプを選んだ!」と堂々と発言できてしまいそうなステキなものが増えています。

そういったサンダルを取り入れて、ファッションを格上げしてしまいましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする