花火大会の場所取り☆コツをつかんで早く良い場所を確保するには?

花火大会は、心から満喫したいイベントですよね。
夜空に打ち上げられる花火は、心を癒やしてくれるものです。

ですが、大きな大会になると、どうしても多くの人で溢れかえり、なかなか良いスポットから花火鑑賞をするのが難しくなります。

では、そんな花火大会で場所取りを成功させるコツはあるのでしょうか?
そこで、覚えておくと役立つ場所取りのコツを紹介します。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

花火大会の場所取り☆コツはいつから行うか!


花火大会の場所取りを行うコツは、いつから行うかということに尽きます。
早くから行い過ぎると撤収されたりする可能性があり、また、間際に行けばすでにいっぱいだったりします。

当日の早朝くらいが狙い目ですが、やはり競争率の高いところでは、前日から場所取りが行われていることもあります。

各花火大会の情報をチェックし、どのくらいから場所取りを始めるのが良いのか、下調べしておきましょう。

近所の花火大会などなら、自分の目で、毎年場所取りの状況を観察しながら、1番良い時間帯を覚えておくことが大切ですね。

あまりにも遠方の花火大会の場合には、早朝の場所取りが難しいかもしれません。
そんな時に成功させるコツは、前日から宿泊することです。

花火大会の当日に宿泊を計画している方は多いかもしれませんが、できれば前日から宿泊しておいた方が、場所取りに関しては確実ですね!

花火大会,場所取り,コツ

花火大会の場所取り☆撤収回避のコツ


花火大会の場所取りのコツとしては、何を使って場所を取るか、ということです。
ブルーシートで場所の確保をする方が大半ですよね。

ですが、ブルーシートだけだと簡単に撤収されます。
中にはマナーの悪い人がいて、敷いておいたブルーシートをどかされていることもあります。

そこで、そんな花火大会の場所取りの際には、できるだけ交代で人が座っておくようにしましょう。

当日だけなら、できないことも無いですよね。
1人がずっと座りっぱなしというのは辛いですが、交代で、あるいは友人たちと一緒にその場所で楽しんでいれば、時間が経つのもアッという間です。

邪魔にならない程度にテントを張ったりパラソルを使って日よけをしながら、その場所でしっかり番をしておきましょう。

こうしておけば、他の人にブルーシートを撤去されてショックを受けることもありません。

それに、人がしっかり番をしておくというのは、公共の場所を確保するための1つのマナーでもありますので、よく守るようにしましょう。

花火大会☆場所取りにもマナーがある!


花火大会の場所取りというのは、けっこう必死になってしまうものですよね。
だけど、素敵な花火を心から楽しむためのコツとしては、そんな場所取りでもマナーをしっかり守ることです。

場所取りのマナーとして、まずは各花火大会の決まりをチェックしておきましょう。
公共の場所を何日も前から場所取りされては迷惑になるので、大会により、「当日以外の場所取りは禁止」なんて決まりがあることもあります。

それから、中には当日であっても、時間指定がされているところもあります。
これ以外の時間から場所取りを行っても、関係者に撤去される可能性大なので、しっかり調べておきましょう。

そして、ガムテープなどをベタベタ貼らないことです。
公共の場所は自分の所有物ではないので、汚してはいけません。
ガムテープでベタベタ貼るのではなく、重しとなる石などで固定しておきましょう。

中には、ブルーシートに名前の貼り紙をしている方もいます。
ですがこれも、あまり良い気持ちがするものではありませんよね。

そこまで自分の場所を主張したいのであれば、やはり誰かがそこに座っているべきでしょう。

マナーを守って、気持ち良く花火大会を楽しみましょう!

まとめ


花火大会の場所取りのコツで大切にしたいのは、常識を守って行うということですね。
公共の場所を利用させてもらうということを念頭に置いて、きちんと決まりを守った場所取りをしましょう。

取り始める時間帯も、場所取りの方法も、各花火大会によって色々です。
まずはその花火大会で定められている規定をチェックしておきましょう。

どうしても場所取りが難しいなら、穴場を探してみるという方向性に変えるのも良いですね。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする