東北六魂祭は秋田県で2015年も開催!どんなお祭りとなるのか?

皆さんは東北六魂祭をご存知でしょうか?
時期が近付くとニュースでも取り上げられるのを見たという人もいるかもしれません。

これは2011年の3月11日の東日本大震災からの復興と鎮魂を願って行われているお祭りです。

1回目は宮城県の仙台市、2回目は岩手県盛岡市、3回目は福島県福島市、4回目は山形県山形市の計4回行われてきました。

今年は秋田県で開催することが決まっています。
ここで東北六魂祭とはどのような祭りなのか、そして今年はどのように開催していくのかをご紹介していきたいと思います。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

東北六魂祭 秋田 2015☆東北六魂祭の始まりについて


ではまずは東北六魂祭の始まりについてご紹介します。
先程も簡単に述べましたが、このお祭りが始まったきっかけは2011年3月11日の東日本大震災からの復興を目指すことから始まりました。

震災があった年は周りが自粛ムードになってしまい、様々なイベントの中止が発表されてきました。

さらに放射能の心配もあって東北地方へ観光に行くという人も激減してしまったという現状でもありました。

そんな中でも徐々に復興が進んでいき、東北地方の至る所で様々なお祭りも開催されるようになってきました。

そして一番放射能の心配があった福島県も期間を短縮してお祭りを開催するようになってきました。

これらの現状を受けて東北夏祭りネットワークの初期会員となっていた6つのお祭りを一か所に集めようという企画が出てきました。

そして5月31日に東北6県郡の市長6人が東北六魂祭を開催すると発表しました。

過去に4回開催され、どれも成功のうちに終わっています。
今年は秋田県で第5回目が開催されることも決まったので、今から注目されてきています。

今年はどのようなお祭りになるのか…。
次はそちらをご紹介していきたいと思います。

東北六魂祭,秋田,2015

2015年に秋田県で行われる東北六魂祭の概要について


第5回目となる東北六魂祭の概要についてご紹介していきます。
2015年は5月30日(土)10:00~20:00と5月31日(日)10:00~17:00を予定しています。
開催場所は秋田県の秋田市で開催することになりました。

今年のテーマは「輝」です。

東北六魂祭では開催にあたって毎年そのテーマとなる漢字を一文字披露しています。
そしてその文字は東北生まれの書道家である高橋卓也さんが書いています。

1回目の仙台市の際には「祈」で、2回目の盛岡市では「希」で、3回目の福島市では「福」で、4回目の山形市では「起」という漢字をテーマに開催されてきました。

そして今年は「輝」という漢字にすることが決まりました。

この文字に込められた思いとしては、今年はどこまでも高く立ち上がっていき、夕闇に輝いて伸びる竿燈のように希望や実りが感じられるお祭りにしていきたいという想いがあります。

ぜひこれらを踏まえてお祭りに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

そして秋田市長からのコメントをまとめると以下のようになります。

【今年の東北六魂祭の開催地はここ秋田県秋田市となります。
東北の心は常に1つにあり今よりも前進するという想いを強く込めたお祭りにしたいです。

また今年は初めて竿燈の提灯に灯りをともしていく予定です。
日本海に沈んでいく夕陽と一緒に見るこの光景は東北の未来を明るく照らしてくれるものと信じております。

東北復興への想いを込めて6つの魂が秋田県に集まっていき、皆さんと心を1つにすることができたら嬉しく思います】


とありました。

今年は提灯に灯りをともすということで、きっと美しい光景が見られることでしょう。
ぜひ東北の復興を願ったこのお祭りに足を運んでみてはいかがでしょうか?

東北六魂祭 秋田 2015☆開催される6つにお祭りについて


では東北六魂祭で開催されるお祭りを各県毎に見ていきたいと思います。

青森 ねぶた祭

まずは青森ねぶた祭についてです。

これは七夕祭りの灯篭流しが原型だとされているお祭りです。
このお祭りの目玉は何といっても22台もある大型ねぶたです。
熱く盛り上がるこのお祭りは東北の魂を爆発させてくれることでしょう!

秋田 竿燈祭り

次に秋田竿燈祭りについてです。

真夏に訪れる邪気や厄病を払ってくれるねぶり流しの行事です。
これは昔から行われてきた歴史的なお祭りとなっています。

男性たちが重さ50kgで高さ12メートルもある巨大な竿燈を操っていきます。
自由自在に動かしている様子は本当に圧巻されること間違いなしです。

岩手 盛岡さんさ踊り

次に盛岡さんさ踊りについてです。

悪さをしてきた鬼の退散を喜んで「さんささんさ」と歌いながら踊ったことから始まったとされる岩手県の地元伝説からきた踊りだとされています。

世界一とされる太鼓パレードもあり飛び入り参加で踊りに参加することもできるので、毎年大きな盛り上がりを見せています。

またこの踊りはギネス記録にも登録されたこともある踊りでとても注目されています!

山形 花笠まつり

次に山形花笠まつりについてです。

威勢の良い掛け声とともに綺麗な衣装を身にまとった踊り子たちが華麗に踊っていきます。

踊り子が持っている紅花がついた笠は本当に綺麗で見応え十分です!

宮城 仙台七夕まつり

次に仙台七夕まつりについてです。

伊達政宗の時代からずっと続いたとされる歴史的なお祭りです。
綺麗な七夕飾りは本当に見事で毎年多くの観光客が訪れています。
あまりの美しさに圧巻されてしまいます!

福島 わらじまつり

そして福島わらじまつりについてです。

地元の足尾神社に奉納されている大わらじにちなんだお祭りです。
日本一の大わらじはぜひ一度見てみてください!

平成のわらじ音頭とヒップホップ調のダンシングそーだナイトもこのお祭りの目玉とされています。

ぜひこのお祭りで一緒に盛りあがってみてはいかがでしょうか?


このように6つのお祭りが開催されている東北六魂祭。
どのお祭りも盛り上がって人気のあるものだとされています。
ぜひこの盛り上がるお祭りに参加してみてはいかがでしょうか?

まとめ


東日本大震災が私たちに与えた影響は本当に大きいものです。
今でも様々な問題があり、東北から離れて住んでいる人もまだまだいるのが現状です。

悲しいことばかりで気持ちがふさぎ込んでしまいがちですが、こういった心が楽しくなるようなお祭りがあると気持ちも楽しい気持ちになってくるかもしれませんね!

これからも続けていってほしいお祭りだと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする