ハイキング☆服装や持ち物で初心者が気を付けるべきポイントは?

春の暖かくて良いお天気の日には、ハイキングに出かけたくなりますよね。
そんなハイキングの際には、体を動かしやすい服装を心がけることが大切です。

それから、持ち物もしっかり揃えていきたいですね。

では、具体的にはどのような服装で、どんな持ち物を揃えれば良いのでしょうか?
そこで、ハイキング初心者の方が気を付けるべきポイントについて調べてみました。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハイキング☆服装で気を付けるべきポイント


ハイキングの際、まず服装で気を付けたいのは、「動きやすいかどうか」ですね。
スカートよりもパンツスタイルの方が、歩きやすく、転んだ時などのケガも防げます。

特に子供を連れてのハイキングでは、子供には長いパンツを履かせるようにしましょう。

ピタッとしたスキニーデニムなどは、動きやすさの点では良いですが、ハイキングで汗をかくと不快に感じられることもあります。

ゆったりとした、綿素材や麻素材など、吸湿速乾性のあるものがオススメですね。

それから、できるだけお肌を覆うということも忘れてはいけません。

ハイキングは長時間、屋外で過ごすもの。
そのため、肌を露出していると、日焼けというリスクが出てきます。

日焼け止めを塗ったとしても、完全に防げるわけではありません。
薄手の長そでのカーディガンやパーカーを羽織るなどして、できるだけ露出を控えましょう。

これは、ケガ対策にもなります。
虫刺され予防にも良いですね。

さらに、ハイキングだからと言って機能性だけを重視した服装というのはもったいない話です。

できればファッション性も兼ね備えた服装が良いですね。

最近では、特に登山用のファッションなどは、機能性だけでなくファッション性を重視したものも増えてきています。

ポイントにカラーを取り入れるなどして、ちょっとオシャレなハイキングを楽しんでみましょう!

ハイキング,服装,持ち物

ハイキング☆基本の持ち物は?


ハイキングを楽しむ際には、持ち物もしっかり揃えておかなければなりません。

まず必要なのは、食べ物です。
・お弁当
・おやつ

この2つは、何時に出発か、どのくらいの時間を予定しているのか、周囲に飲食店や買い物ができるお店があるのか、で必要性が違ってきます。

もし不要と判断できるなら、持っていかない方が、手荷物を減らせて良いですね。

ですが屋外でのお弁当というのは、ハイキングの醍醐味でもあるので、できるだけ持っていきたいものです。

それから、絶対に忘れてはならないのが水筒。
お茶をたっぷりと入れて、できるだけ大容量のものを持ちましょう。

春であっても、予想以上に気温が上がることもあり、かなり喉が渇き、ヘタをすると熱中症を起こす危険性もあります。

水分補給はこまめに行いたいですね。

また、ハイキングはショッピングとは違うので、お金は不要だと考える方もいらっしゃいます。

ですが、水筒が空になった時には、やはり自動販売機等を利用して飲み物を買う必要があります。

それに、何かしらお金が必要になる事態というのはあるものです。

落とすと困るので、小銭入れに必要最低限のお金だけを入れて持っていくようにすると良いですね。

あとは、ハイキングで訪れた先を汚さないように、ゴミ袋を持参して出たゴミはできるだけ持ち帰ります。

それから、汗を拭くタオル、ティッシュなどの衛生用品も持参しましょう。

また、現地に座るところが無い場合には、レジャーシートも持参しましょう。

日焼け止めや虫よけスプレーも持っていくと良いですね。
これらのグッズをしっかり揃えておけば、ハイキングを安全に楽しみやすくなります。

ハイキング☆持ち物はリュックが便利!


たくさんの持ち物を持って歩くハイキングでは、バッグはリュックが便利です。
ハイキング用のバスケットなどもありますが、持ち歩くのが面倒ですね。
両手があいて、楽々持ち運べるリュックは重宝します。

それに、歩き回るハイキングを計画している時には、転ぶ危険性というのもあります。

バスケットを持ったまま転ぶと、とっさに両手をつくことができず、大けがをしてしまう可能性があります。

その点、リュックなら転んでも手をつきやすいですね。

ハイキングの際の服装では、合わせるバッグはリュックが基本。
そう考えて準備すると、初心者でも失敗がありませんね!

まとめ


ハイキングの服装や持ち物は、事前によくチェックして、抜かりのないようにしておきましょう。

外の空気を思い切り吸って、心から満喫したいハイキング。
安全のためにもしっかりと持ち物を揃え、適した服装で行うことが重要ですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする