新生活の為の手続きをリストアップ!忘れずれにやっておくべきこと

新生活を送る上で準備しなくてはならないものは本当に多くあります。
住居や家具などを揃えるのも本当に大変です。

そして無事に引越しが終わってホッとしたのも束の間。
様々な手続きが必要になってくるのをご存知でしたか?

どれも重要な手続きばかりなので一つでも逃してしまってはいけないものばかりです。
今回はついつい忘れてしまいがちな手続きをリストアップしていきたいと思います!

引っ越す前と後では必ずやるようにしましょう。



スポンサーリンク
スポンサーリンク

引越し前にやっておくべき手続きリスト


まずは引越しをする前にやっておかなくてはならない手続きがあります。
それを一つずつ見てみましょう。

●転出届もしくは転居届

転出届は市区町村の役所の窓口で発行してもらうことができます。
身分証明書と印鑑をもって引越し前に手続きしておきましょう。

また、同じ市区町村内で引越しをする場合は転出届と転入届がセットになっている転居届を使用します。

●国民年金・国民健康保険の手続き

加入している場合は転出届と一緒に市区町村の役所の窓口で手続きができます。
ただし会社員の場合は職場の年金と健康保険に加入しているので手続きは不要です。

保険証と国民年金手帳を持って行きましょう。
ちなみに保険証は返還することになるのでコピーをとっておくと安心です。

●電気・水道・ガス・電話・郵便の手続き

電気や水道やガスも停止手続きをしなくてはなりません。
今はホームページからも申請できるのでお手軽にできます。

電話は契約会社に問い合わせる方法とホームページからも変更手続きができます。
郵便も転送届を提出しなくてはなりません。日本郵便のホームページで申込みができます。

これらは手軽に手続きができるので忘れてしまいがちです。
なのでしっかりと忘れずに手続きをしましょう。

●各種住所変更届

一番優先度が低い手続きですが、これもいずれはしっかりやらなくてはならないものです。

金融機関やクレジット会社など住所変更が必要とされているものはしっかり変えておきましょう。

引越し前にはこれらのことをやっておかなくてはなりません。
色々と忙しいかもしれませんが、これらの手続きをしっかりとやっておきましょう。

新生活,手続き,リスト

結婚を機に新生活をする時にやるべき手続きリスト


結婚を機に新生活を始める場合もまた様々な手続きが必要となります。
やはり一番大きい手続きの変更となると氏名変更や住所変更です。

それらが必要となる手続きが以下の通りです。

●パスポートの住所や氏名変更

結婚をするとハネムーンなどで海外へ行く人も多いです。
ハネムーンへ行く前に必要なのは氏名が変更されたパスポートです。

婚姻届の反映には2週間かかり、パスポートの発給は10日程かかります。
なので長くても1ヶ月前には手続きを済ませるようにしましょう。

しかし氏名変更の手続きよりも新規発給した方が良いという意見も見られます。
もし色々と面倒だったら思い切って新規発給してしまうのも一つの手です。

●銀行口座の住所・氏名変更

意外と忘れてしまいがちなのが銀行などの金融機関の住所・氏名変更です。
これを忘れてつい何かの手続きをすると住所や氏名が違うということで、混乱してしまうこともあります。

各銀行のホームページで手続きの方法は確認することができます。
そこに記載されている書類を準備して提出して氏名・住所変更を行っていきましょう。

●クレジットカードの住所・氏名変更

次に忘れてしまいがちなのがクレジットカードの情報変更です。
この手続きは各カード会社に連絡や必要書類を取り寄せます。

新しいカードが届くまで長くても2週間はかかるので、余裕を見て手続きをしましょう。

●生命保険の変更

大事なのが保険関係の手続きです。
これも氏名や住所の変更が必要となります。

結婚をきっかけに受取人変更や掛け金等の変更も一緒にやりましょう。

結婚をきっかけにする手続きは様々なものがあります。
引越し等で必要な手続きは先程も記載した通りなのですが、結婚となると氏名変更も必要となります。

ついつい忘れてしまいがちな手続きもあるのでしっかりと押さえておきましょう。

親元を離れて一人暮らしをする場合の手続きリスト


親元を離れて一人暮らしをするとなると、全て自分で手続きをしていかなくてはなりません。
色々な手続きがあってついつい何か忘れてしまいそうで不安ですよね?

ここでしっかりやっておくべき手続きを抑えておきましょう。

●国民健康保険や国民年金手帳の手続き

国民健康保険は市町村内で加入しているものです。
他県や別の市町村に引っ越す場合は資格喪失届を提出しなくてはなりません。

そしてその後、一人暮らしをする場所の役所で再度国民健康保険の加入手続きを行いましょう。

また注意することは国民年金手帳の住所変更です。
これは同じ市町村に引っ越した場合でも必要なことです。

変更手続きは引越しから2週間以内とされています。忘れずにしっかりとやっておきましょう。

●転入届けの提出

引越しの前には転出届を出すと思いますが、転入届も必要となります。
これも引越しをしてから2週間以内に手続きをしなくてはなりません。

同じ市町村内の引っ越しの場合は1つの役所で手続きが済むので楽なのですが、大変なのが他の市町村へ引っ越した場合です。

新住所地の役所に転入届を出さなくてはなりません。
これはとても重要な手続きなので忘れずにしっかりやっておきましょう。

●ライフラインの手続き

そして生活をする上でかかせないのがライフラインの手続きです。
電気の手続きは引越し日の1~2週間前から始めておきましょう。

水道は届出を提出する必要があります。
ガスは立ち合いが必要なので忙しくなる前に済ませておくのが理想的です。

後は必要に合わせてインターネットの手続きなども済ませておきましょう。

後は結婚時と同様に金融機関などへの住所変更をしっかりやっておきましょう。

これらは一人でやると大変に思うかもしれません。
わからなければ役所へ行くと教えてくれるので手続きはしっかり忘れずにやりましょう。

まとめ


このように手続きが色々あって大変なイメージがあります。
しかし余裕をもってやっていくことで、落ち着いて手続きを済ますことができます。

家のことや家具のことでバタバタして忙しいかもしれませんが、こういった手続きも忘れずにやっておきたいものです。

自分にはどんな手続きが必要なのかを確認して、しっかり済ませていけるようにしましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする