わき毛とすね毛を自宅で脱毛☆レイボーテエクストラ体験レポ(その1)

わき毛やすね毛などのムダ毛処理。
面倒だけどやらなくちゃと思いながら処理している女性が多いのではないでしょうか。

ムダ毛処理から開放されたい・・・

そんな女性から注目を集めているのが、脱毛サロンや家庭用脱毛器です。




スポンサーリンク
スポンサーリンク

すね毛処理後に起きる肌トラブルの悩みを解消したい


40代主婦の私、子供の頃からすね毛が濃いのが悩みです。
処理をサボって毛が伸びてくると、夫の脚とそう変わらないかも。

ムダ毛が気になりだした学生の頃からこれまでに、脱毛クリームや脱毛テープ、毛抜きにカミソリとさまざまな脱毛方法を試してきましたが、最近は手軽に出来る入浴時にカミソリを使った処理方法に落ち着いています。

わきは剃っても、それほど肌へのダメージは感じないのですが、ひざ下の方は、剃った翌日以降に毛穴が赤くポツポツしてきたり、痒みが出てしまいます。
このため、頻繁に無駄毛処理出来ないのが悩みでいました。

しかも、ムダ毛ってカミソリで剃ってもすぐに生えてくるし、繰り返すとますます太く濃くなってしまうような気がしますよね。

それに肌を切ってしまったり、カミソリ負けの心配もあります。

かといって毛抜きで抜く方法は肌への負担が大きく、毛穴がブツブツと目立ったり、埋没毛になってしまうのでやめた方がよいそうです。


女性誌やネットの情報サイトを見ると、最近は、両わき脱毛が数百円で受けられる脱毛サロンがあるんですね。

脱毛サロンって高額なイメージがあったけど、激安でわき脱毛できることから、今では女子高生や女子大生もエステで脱毛しているそうですよ。

私もそんなに安くエステで脱毛出来るのだったら・・・と調べてみたのですが、わき脱毛は激安でもすね毛や他の部位の脱毛はやっぱりそれりの費用が必要になるみたい。

それに、脱毛サロンの脱毛って永久脱毛ではないから、2~3ヶ月に1度通っての脱毛を何回も繰り返さなければ期待した脱毛効果にならないようなんです。

しかも、私の住んでいる地域は田舎で脱毛サロンがないので、大きな街まで出かけなければいけないんですよね。

家電量販店で脱毛器をお試し体験


脱毛について調べていた時に、脱毛サロン並みの効果が期待できる家庭用脱毛器というのを見つけました。

ケノンという脱毛器はネットで評判になっていて、全身脱毛が手軽に自宅で出来るのだとか。

ただ、高額な脱毛器なだけに、ネットの評判だけで購入するのは不安に感じたので、大手の家電量販店なら置いているかも見に行くことにしました。

美容機器コーナーにはいくつか脱毛器が展示してありましたが、ケノンは通販専用商品ということでそのお店での取扱はありませんでした。

問い合わせた店員さんと話していくうちに勧められたのが、ヤーマンのレイボーテという脱毛器でした。


レイボーテは次のような特徴があるのだそうです。



脱毛サロンと同じフラッシュ脱毛という方式で、ケノンと同程度の出力がある。

ケノンのようなカートリッジ交換タイプではないけれど、これだけで最大10万発光を照射することができるから、追加費用がかからない。

照射面が広く、連続モードもついているので、スピーディーに脱毛できる。

フェイスアタッチメントを使えば美顔器としても利用できる

冷却機能がついている脱毛器はレイボーテシリーズだけ(レイボーテプロを除く)。

2014年春に発売されてから、特に西日本地域で人気があり品薄状態になっている。


といった説明を受け、腕の内側と指に1度ずつお試しショットをしてもらうことが出来ました。

照射ボタンを押すと、パチンと音と光がして、照射部分に輪ゴムを弾いたような刺激を感じたけど、思ったほど痛みはなかったです。

説明や体験をするうちに、これはケノンよりレイボーテの方がいいかも!と思ったものの、やはり数万円もする脱毛器だけに即決できず、ネットでもっと情報を集めることにして、その日は帰ってきました。

(続きます・・・)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする